FC2ブログ

A 様よりコメントいただきました。
ありがとうございます。(*^_^*)

【質問】
はじめましてヒデさん。相談させてください。
月1で通っている女の子がいるのですが、
相手がどう思っているのかわかりません。
3回目でLINE交換し4回目(8月下旬)の際、
「モテるでしょ?」
と言われ、彼女が今まで居た事が無い事を伝えると、
飲みに誘われましたが、
その日に送ったLINEが未読のまま。
そして、1ヶ月が経ち、再度LINE。
またしても未読スルー。
気になったままは嫌だなと思い、入って見ました。
帰る間際に飲みに行くことの話になり、
「いつ行く?」
と聞くと「来月なら。連絡するから、信じて。」
と言われ、一瞬小さくため息をついて、
「仕事に行ってくる」と言って別れました。
その言い方に、自分との時間は少し違う雰囲気
のものだったのかなと少しドキッとしました。
接客中の雰囲気だとご飯に行けるのかなと思いますが、
未読スルーや具体的に日にち決めないなど、
色恋なのかーとも思っています。
これはやはり色恋なのでしょうか?
それとも脈があるのでしょうか?
ヒデさんはどう思いますか?
−End−


そうですね・・
彼女との飲みが実現するかについては、
かなり雲行きが怪しいと言わざるを得ません。
仮に実現したとしても、その道程は恐らく、
スムーズな展開ではないと思われます。

実現する確率でいうと10%以下だと思います。
過去、私も何度も似たような経験がありますが、
実現したことは一度もありませんので。
本当にその気がある嬢は、

〇日はご都合いかがですか?

〇日なら空いています。

など、その場で日程を決めるくらいの勢いがあります。

もしかしたら粘って通い続けているうちに、
機会が一度くらいは訪れるかもしれません。
ただ、私なら一緒に飲める期待はしません。
改めて飲みに誘うようなこともしません。
ヌキ目的だけなら普通に通いますが・・

“彼女と仲良くなりたい“

という気持ちが少しでもあるのなら、
A様は今後のスタンスについて、
心を整理する必要があるかもしれません。
彼女とどう関わるのかについてです。

普通に考えて、友人と何らかの約束事をする際、
曖昧な受け答えはしないでしょう。
彼女は友人との約束は守り、旅行に行っている・・
つまり、、そういうことですね。
今回の件についてはなかったこととして、
彼女に問うことなく綺麗に遊べるのかどうか。
期待せずに彼女の方から声をかけてくるのを
待つくらいがいいと思います(*^_^*)

おじさんメモリアル



内容紹介
【著者が出会った哀しき男たちの欲望とニッポンの20年】
時にはパンツを売る女子高生とそれを買う客として、
時には恋人同士として、時には社内不倫の相手として、
時には高級愛人クラブの客として・・
作者がこの20年の間に様々なかたちで出会った
おじさんとの思い出を通して
「おカネを払うことでしか女を抱けないおじさん」
の哀しみを浮き彫りにし、性と消費という視点から
この20年の日本を振り返る。
冷徹な批評眼が冴えわたる刺激的エッセイ!





ポチっとしていただけると
記事更新の励みになりますm(__)m


関連記事


ヘコ太郎 様よりコメントいただきました。
ありがとうございます。(*^_^*)

【質問】
お気に入りの風俗嬢がいるのですが、
だんだんと接客の質が悪くなっています。
良く言えば互いに気を遣いすぎることなく、
仲良くなってきた?のかもしれません。
これっていいことですかね?
ひでさん、どう思いますでしょうか?
−End−

このような経験をしている男性は多いと思いますよ。

風俗あるある今から言うよぉ〜♪

と、バービボーイズの「目を閉じておいでよ」にのせて
レイザーラモンRGが歌いだすのでは?
というくらいに“あるある”だと思います。

客はお気に入りの嬢だからこそリピートする。
嬢はリピートしてくれるお客さんだからこそ、
良くも悪くも雑になってきます。
新鮮さが薄れると共にフレンドリー感は増してくる。
リピートすればするほど、プレーせずに会話だけ、
裸で抱き合うだけなど肉体的な快感よりも、
癒しを求めて会いに行くようになったりもします。

回数を重ねるほど、饒舌になる嬢もいます。
プレーすることを忘れたかのように、
会話に夢中になる嬢もいるでしょう。
風俗の遊び方については十人十色です。
そう、十人十色なのです。質問者次第なのです。


風俗で働いたら人生変わったwww (コア新書)



「風俗嬢は不幸な存在である」
という陳腐なファンタジーは、
本書には一切登場しない。(序文より)

現役の風俗嬢によって書かれた、
風俗嬢、風俗業界の現在について。
風俗嬢を「不幸」と見做さずにはいられない、
普通の人々の、異様な姿だった。

<目次>
序章 不幸物語の終焉
第一章 風俗で働いたら人生変わった
第二章 だから風俗嬢は面白い
第三章 風俗嬢とは一体何者なのか
第四章 風俗を巡る誤解と偏見
第五章 誰が風俗嬢を殺すのか
第六章 これから風俗で働く人のために




ポチっとしていただけると
記事更新の励みになりますm(__)m


関連記事

ピヨコ 様よりコメントいただきました。
ありがとうございます。(*^_^*)

【質問】
ひでさん、こんにちは。
オキニの子を好きになりました。
告白しようか迷っています。
客から告白されるのは迷惑でしょうか?
振られた場合、会うのは止めるべきでしょうか?
−End−


フランスの作家、クロード・アネ(1868〜 1931)は、
こんな名言を遺しています。

恋人を選ぶ、なんて嘘。
いきなり我が身に降りかかってくるものだ。


米国の脚本家、リリアン・ヘルマン(1905〜1984)は、
こんな名言を。

私、利口な女になんてなりたくないわ。
だって、恋に落ちたんですもの。


ちなみに私にとって恋とは、

決して断ることのできない負け戦

であります(・.・;)
告白して恋が成就したことなど滅多にありません。
だけど、恋してしまったらやるしかないのです。

“嬢に迷惑がかかる・・”

と思い踏みとどまれるというのなら、
それは“恋”ではありません。
ちなみに私の人生において恋の打率は約0.15です。
はい、めっちゃ低いです。
プロになるのは夢のまた夢・・というレベル。
そのほとんどは空振りで終わりました。
見逃し三振なんていうこともありました(・.・;)


そんな私からアドバイスさせていただくとすれば、
まず、恐れずバットを振ってほしいということ。
もし、告白が上手くいかなかったのなら、

今後、お店に会いに行くべきではない。

と思います。
真剣に告白をするということは嬢と客の関係を、
自ら壊すに等しい行為であるわけです。
告白をする時点で、

“嬢と客“ → ”男と女“

という状況に変化すると私は考えています。
その結末がハッピーであるならともかく、
もしバッドエンドに終わったのなら、
嬢の前から姿を消すべきだと思います。
それが相手への優しさでもあります。
去り際の美学ってやつですね。
今から25年ほど前に、とんねるずの番組で、
「ねるとん紅鯨団」というお見合い番組がありました。
(懐かしい!)
基本的に一般人同士がお見合いするのですが
時々、芸能人大会もありました。
芸能人大会によく出演していたのが、柳沢信吾。
三枚目を演じて毎度、番組を盛り上げていました。

“相手といい感じなのに最後はフラれる”

というのがお決まりで去り際のこの名文句。

あばよっ!

この一言を爽やかに叫び、去ってゆく・・
それが私には微笑ましかったです。
“あばよ”というたった3文字の言葉ですが、

“恋の美学”

が詰まっているなぁと感じます。(*^_^*)
またまた話が逸れてしまった気がしますが・・
ピヨコさん、頑張って下さい!(^^)/



ポチっとしていただけると
記事更新の励みになりますm(__)m


関連記事
訪問者数
みなさん、ありがとう( ´∀`)
検索フォーム
RSSリンクの表示
全記事表示リンク
カテゴリ
DMM見放題chライトに加入のオススメ (1)
1.読者の皆様へ (4)
2.風俗嬢と仲良くなるには? (4)
3.風俗嬢と仲良くなるコツ (24)
4.風俗店の料金 指名料とは? (2)
5.風俗嬢とLINEを交換したい (1)
6.嬢といつLINE交換する? (1)
7.嬢と初回でLINE交換の理由 (1)
8.嬢とLINE交換の目的を明確に (1)
9.風俗嬢の性格を見極める (1)
10. 風俗嬢とLINEする (1)
11.風俗嬢にプレゼントする (2)
12.風俗嬢と店外デート (2)
自分の事 (11)
風俗嬢さんへ (5)
こんな風俗店は危険だ (2)
こんな嬢は嫌だ! (2)
こんな客は嫌だ! (2)
バレンタイン (6)
クリスマス (3)
風俗嬢と花見。おすすめグッズ (1)
メール編 (7)
これってどうなの? (9)
天蓋編 (7)
私の体験談(単発) (21)
こぼれ話 (12)
風俗嬢さんからの質問 (1)
風俗 お悩み相談 (193)
もしも、この子が風俗嬢なら? (4)
風俗嬢Aちゃん (4)
風俗嬢Bちゃん (11)
風俗嬢Cちゃん (19)
風俗嬢Dちゃん (9)
風俗嬢Eちゃん (6)
風俗嬢 Fちゃん (1)
風俗嬢Gちゃん (5)
風俗嬢Hちゃん (9)
風俗嬢Iちゃん (3)
ランパブ嬢Aちゃん (4)
風俗で稼げない理由 (0)
風俗関係ニュース (3)
風俗好きな芸能人 (1)
出会い系の体験談 (2)
性病で通院した体験 (1)
勃ちが鈍い時は、男の精力剤 (1)
風俗嬢との怖い話 (1)
風俗嬢の気持ち (0)
ネイル好きな風俗嬢 (1)
月額540円で見放題!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1513位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風俗
37位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
当ブログの人気記事ランキング
プロフィール

ひで

Author:ひで
名前:ひで(もちろん仮名)
年齢:40代
職業:普通のリーマン

風俗嬢と客。
様々な人間模様がある。

リンク
リンク元ランキング
Amazon
★Amazon公式 各特集サイト
頭皮の臭いのケアも大切
おすすめ本
言葉選びは大切
楽天市場
プレゼントするなら
Amazon月額動画
Amazon 月額書籍