FC2ブログ
昨日、雨。仕事を終え会社を出た。

”一杯吞んでくか・・”

とりあえず電車に乗り地元の居酒屋へ。
常連というほどではないが、お気に入りの店。
とにかく焼き鳥が美味い。独り呑み。
店内は雨と言えど週末と言うこともあり、
カップルやサラリーマンで賑わっていた。
店内の賑わいと、会話する相手もいない独り呑みの自分。
呑み始めて一時間が過ぎた頃、店を後にする。

”なんだかつまらないな。
ガールズバーでも行こうか・・でもなぁ”


私は、キャバやガールズバーが実はそれほど好きではない。
誰かに誘われたら、ついていく程度だ。

そんな私がガールズバーへ向かって歩く。
このガールズバーは半年ほど前に友人に連れてこられた店だ。
店の前で立ち止まる。

”やっぱり、帰ろう”

すると、店内からたまたま、店員の子が出てきた。

「あ、あれっ?ひでちゃん!久しぶり~!」

以前、初来店した時に接客してくれた子だった。
LINEも交換してたのだが、なんとなく続かず・・
という程度の子だったが私を覚えてくれていたようだ。
なんだかんだ、店の前で30分くらい会話してしまった私。
だが結局、偶然通りかかっただけという理由にして、
その子と別れ、再びあてもなく歩き始めた。

”なんだかんだワンセット分くらい話しちゃったな・・”

と申し訳なくなったが、仕方ない。苦笑。
寒さのせいか、酔いが醒めてしまったので
今度は寿司屋に入る。
日本酒と肴でまたほろ酔い。

”そろそろ帰るか・・”

時刻は22時過ぎ。するとLINEが鳴った。

≪ひでちゃん、いまどこ?呑んでる?≫

Cちゃんからだった。寿司屋で呑んでることを伝えると

≪今から行く!15分待ってて!≫

しばらくすると、Cちゃんが現れた。

「ひでちゃん、おつかれさま!」

「おっ、おつかれさん!」

そこからいつもの会話とお酒。気付くと24時を少し過ぎていた。

「そろそろ帰ろっか。」

お会計はCちゃんが払った。私が払おうとしたのだが、
彼女がどうしても譲らなかったので、仕方なくごちそうになった。

「C、ありがとう。ごちそうさま。」

彼女の事情を知る私にとって、気軽に言える言葉ではない。
心の底から、ありがとうを伝えたつもりだ。

「いいの!ひでちゃんにいつもたっくさん、甘えてるから!」

奢ったり奢られたり・・・結果、ワリカンに近い。

二人で店を出て歩く。

「ひでちゃん、明日予定ある?」

「別にないよ。」

「じゃあウチで呑もうよ!美味しい肴があるから。お泊りしてって。」

私は素直にCちゃんの言葉に甘えることにした。
Cちゃんの自宅に到着。彼女は手際よく酒と肴を用意してくれた。

間接照明がぼんやりと光る薄暗いリビングで、
二人、再び酒を呑みながら会話。
会話のリズムはゆっくりだ。
会話と無言の時間が交互にやってくる感じ・・
リビングで呑み始め一時間ほど経過・・

「ひでちゃん・・ん・・温かいよ・・・」

私にもたれかかるようにして眠ってしまった。
そっとその場に、寝かせ毛布をかけた。
起こさないようにそっと私も隣に寝た。

「・・ひでちゃん・・・」

私を呼んだのか寝言なのか区別できないようなささやき。
私にも睡魔が・・黙ってCちゃんを抱きしめた。
Cちゃんの温もりを感じると、私は爆睡してしまった。

そのまま朝を迎えた。

「やだっ私、服着たまま寝ちゃった(汗
ひでちゃんも、そのまま寝かせちゃって。ごめんね~(汗
私イビキうるさくなかったぁ?(汗」


起きるやいなや、割と大きな声で慌てふためいていた。

「俺、爆睡しちゃったからわかんないよ。笑」

そして朝食をいただいた。
Cちゃんの作る料理は本当に美味しい。

そして9時半頃、彼女の家を後にする時、

「ひでちゃん、もし良かったらこれ使って。
もらったやつだから気にしないで。」


彼女の手にあったもの。それは・・

タクシークーポン

だった。

”何から何まで・・Cちゃんは・・”

「ありがとう。でも、だいじょうぶ。買い物しながら歩いて帰るから。
それはCが使いなよ。ホント、ありがとね(笑)」


「ひでちゃん、またねっ!ありがと!」

彼女にお金を遣わせてしまって申し訳なさを感じた。
嬉しいけど申し訳ない・・そんな出来事だった。

この続きを”読んでみたい”と思われた方がいましたら
これを↓ポチっとしていただけるとありがたいのですが・・

どのくらい気になる方がいらっしゃるのか、
管理人の参考になりますのでポチっとしていただけると
ありがたいです。m(__)m

私をラブホに誘うCちゃん。
私はかなり動揺していたと思うが、
引っ張られるがままラブホの一室に入室した。

私は何をしていいのかわからず、
とりあえずエアコンのスイッチを入れ、テレビをつけた。

「ここはどこですか? 笑」

そう言いながらソファーに座る。

「。。どこだろうね。笑」

Cちゃんも少し距離をとってソファーに座った。
私は何か会話をしようと思ったのだが、
何を会話しようと最早、無意味だと感じ
黙ったままCちゃんを抱き寄せた。

久しぶりに感じたCちゃんの髪の香り、温もり。。
しばらく抱きしめていた。。10分なのか30分なのかよくわからない。
とにかくしばらく経った。

「。。お風呂、入ってベッドで休もうか。」

「うん、、そうだね。お風呂溜めてくるね。」

「いいよ、座ってて。」

私が浴室へ向かった。バスタブにお湯を落とす。

”何なんだろう、、まぁ、いいか”

この状況をまだなんとな不思議に感じている私。
浴室から出るとCちゃんはソファーに横たわっていた。

「ひでちゃん、何で甘えてきてくれないの?」
「私、ひでちゃんに甘えたいのに甘えられないじゃん!」

おどけたような言い方で私を見て微笑んだ。
上手い返しが見つからず、私は大げさにベッドに雑に寝ころんだ。

「あ~!、なんでだろー!」

と少し大きめな声で天井に向かって叫んだ。すると、

「なんでだろうね~!笑」

Cちゃんもおどけたように叫んで、大の字になった私に重なってきた。

「ひでちゃん。」

そう言うと唇を重ねてきた。今度はベッドで抱きしめた。

「髪、いい香り。。」

「ん。。」



(まだまだ読みたい方は応援クリックお願いします→)

海鮮が美味しそうな居酒屋に入った。
テーブル席に向かいあって座る。
早速、適当にお酒と何品か注文した。

この一日、何となく会話の数がお互い少ない気がした。
一日が静かに、ゆっくりと流れているように感じられた。

「なんか今日、何となくマッタリしてない?」

”やはりCちゃんもそう感じてたのか。。”

「うん、そうだね。なんだろうね?笑」

この居酒屋での時の流れもゆったりとしていた。
ふと気付けば入店から一時間半が経過していた。
だが、まだ解散するには時間に十分な余裕があった。
すると、

「この後、どこか行こうよ。」

私は2軒目の行先を考えた。

”バー?カラオケ?、、いや、少しこの店で時間を潰すか?。。”

「とりあえず、出ようか。」

「ここは私に払わせて。」

いつも、Cちゃんと呑む時は奢ったり奢られたりという感じ。

「ごちそうさまでした(*^_^*)」

今回は素直にCちゃんに甘えた。
二人で地元の繁華街を歩く。

”さあ2軒目どうするかなぁ。”

するとCちゃんが腕を絡めて、私を誘導しはじめた。

「どこかいい店ある?」

「ん?こっち。。」

Cちゃんに任せて歩いていると、、1軒のラブホテルが見えてきた。

”まさか、、ね。”

Cちゃんとはしばらく、、2年以上、Hしてない。
最後にHした時、複雑な心境が入り混じり

”Cちゃんの体を求めるような行動は今後止めよう”

とモヤモヤしながらも自分の中で決意したからだ。
それ以降、二人で呑んでもCちゃんに触れることもせず、
男友達と飲んでいるように接してきた。

そんなCちゃんが発した言葉。

「ひでちゃん、ちょっと休んでこ。。」

ラブホテルの前でそう言った。
私にとっては意外も意外、まるで想定外のことだった。

「ん!?、、ん!?、、ん!?」


(まだまだ読みたい方は応援クリックお願いします→)

先月、10月の事。数か月ぶりにCちゃんに会った。

「ひでちゃん、ドライブ行きたい。」

というメールがきっかけだった。特に断る理由もない。
心が浮かれることもなかった。
まるで古くからの友人と馴染の居酒屋へ行くような気分というか。。

ドライブ当日。久しぶりに会うというのに
それでも私の心は落ち着いたままだった。
下心も全くと言っていいほど、なかった。

目的地までの会話はそれなりに弾んだとは思う。
私はつまらなかったとか退屈してしまった訳でもないし、
Cちゃんに無関心になってしまっていた訳でもない。
Cちゃんを相変わらず愛しく感じた。
恋愛感情なのか、友情的な感情なのか、、よくわからない。
そんなことよりむしろ、とても穏やかな気持ちだったのかもしれない。

Cちゃんと二人で過ごしている、この時間が堪らなく心地よかった。

とりあえず、今日はここまでにします。

(まだまだ読みたい方は応援クリックお願いします→)

今も彼女とは頻繁に会っている。
一緒に呑んだり、時々ドライブへ行ったり。
つい先日、久しぶりに関東某所へドライブ。

車内での口数は多くない。
それでも違和感は全くないどころか心地よい。
海が見える場所に車を停めて海をただ眺める二人。

Cちゃんとイチャイチャといった空気、、ではない。

ちなみにCちゃんとは1年以上エッチはしていない。
もちろんお店には最初に一度以来、行っていない。

私はCちゃんを抱きたいという思いは今もある。
私が少し強引にそういう方向に持っていくのは難しくはない。
Cちゃんは受け入れてくれるだろう。
だがそれをしてしまったら、、

”普通でいること”

が難しくなる。


(まだまだ読みたい方は応援クリックお願いします→)

訪問者数
みなさん、ありがとう( ´∀`)
検索フォーム
RSSリンクの表示
全記事表示リンク
カテゴリ
【月額540円】DMM見放題chライトでアダルトもグラビアも (2)
1.読者の皆様へ (4)
2.風俗嬢と仲良くなるには? (4)
3.風俗嬢と仲良くなるコツ (24)
4.風俗店の料金 指名料とは? (2)
5.風俗嬢とLINEを交換したい (1)
6.嬢といつLINE交換する? (1)
7.嬢と初回でLINE交換の理由 (1)
8.嬢とLINE交換の目的を明確に (1)
9.風俗嬢の態度から性格を推察 (3)
10. 風俗嬢とLINEする (1)
11.風俗嬢にプレゼントする (2)
12.風俗嬢と店外デート (6)
13.風俗嬢の好意? (1)
自分の事 (17)
風俗嬢さんへ (5)
こんな嬢は嫌だ! (2)
こんな風俗店は危険だ (2)
こんな客は嫌だ! (2)
Xmasに風俗 (5)
バレンタイン (6)
風俗嬢と花見。おすすめグッズ (1)
メール編 (7)
これってどうなの? (9)
天蓋編 (2)
私の体験談(単発) (21)
こぼれ話 (13)
風俗嬢さんからの質問 (2)
風俗 お悩み相談 (227)
もしも、この子が風俗嬢なら? (4)
風俗嬢Aちゃん (4)
風俗嬢Bちゃん (13)
風俗嬢Cちゃん (21)
風俗嬢Dちゃん (9)
風俗嬢Eちゃん (6)
風俗嬢 Fちゃん (1)
風俗嬢Gちゃん (5)
風俗嬢Hちゃん (9)
風俗嬢Iちゃん (3)
ランパブ嬢Aちゃん (4)
風俗関係ニュース (3)
風俗好きな芸能人 (1)
出会い系の体験談 (2)
性病で通院した体験 (1)
勃ちが鈍い時は、男の精力剤 (1)
風俗嬢との怖い話 (1)
ネイル好きな風俗嬢 (1)
月額540円で見放題!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1678位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風俗
49位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
当ブログの人気記事ランキング
プロフィール

ひで

Author:ひで
名前:ひで(もちろん仮名)
年齢:40代
職業:普通のリーマン

風俗嬢と客。
様々な人間模様がある。

リンク
リンク元ランキング
Amazon
★Amazon公式 各特集サイト
頭皮の臭いのケアも大切
おすすめ本
言葉選びは大切
楽天市場
プレゼントするなら
Amazon月額動画
Amazon 月額書籍