FC2ブログ
その後の私とBちゃんの関係はさらに微妙な変化をして、、

”本当の友達に限りなく近い関係”

になりました。今でも付き合いは続いています。


Bちゃんと私。まさに ”風俗嬢と客 ”でした、最初は。
Bちゃんはいつも凛としている女性でした。
”時間きっちりというタイプ ”
タイマーがなったら即終了。
時折見せる笑顔は素敵でしたが、客に媚びない女性。
隙のない仕事は仕事と割り切って働いている空気が
全身から滲み出ていました。

なぜ仲良くなれたのか?

それは、

真剣に友達になりたいという気持ちをメールや電話、またはお店で
彼女に真面目に、押し付けがましくない程度に伝えました。

そして、
(他の記事と矛盾しますが。。)
店に行っても会話だけして帰る事もありました。

彼女から何か質問されたりした時も、
軽い相談を受けた時も、
風俗の仕事の悩みの相談をされた時も、
頼られた時は常に紳士に対応していました。
こういう時につい、

”じゃあ食事でもしながら話聞くよ?”

というような言葉が出そうになるものですが、
彼女を誘い出すような発言、行動もしませんでした。
一言で言えば、

”彼女から求められた以外の事はしない”

という感じでしょうか。
これを繰り返しているうちに少しずつ彼女から信頼されるようになりました。
彼女と何でもぶっちゃけて話せるようになった頃、こう聞いたことがあります。

「なんで俺と仲良くなってくれたの?」

すると彼女は、

「私は基本的にお客さんの事は絶対信用しない。過去に嫌な経験もしたし。
優しいお客さんはたくさんいるけど何か企んでいそうで怖い。
優しいフリして結局、店の外で会うように誘ってきたりする人がほとんど。
そういう客ばかりで疲れる。
だけどヒデちゃんはそういう事しなかったからね。
高いお金払ってきてるのに、話だけでいいと言って本当に話だけで帰るし(笑)
だからと言って恩着せがましくないし。
優しいフリして自分の欲求を満たしたいだけじゃん、ってお客さんばっかりだけど、
ヒデちゃんの言葉を聞いてると私の事を真剣に考えてくれてると思える
言葉ばかりだったから。だんだん信用できるようになったのかな。。」


とまあBちゃんとの出会いはこんな感じです。。
長文駄文、失礼しました。



ポチッと→していただけると今後の励みになります。。

「ヒデちゃん今日何してんの?夜会わない?」

これまでに何度か彼女の方から、お誘いされた事はあったのですが
具体的にいつ、という誘いではなかったこともあり、
私は誘われる度に、受け流してばかりいたのですが。。

私は彼女が具体的に”今日会おう”と言ってきたことに
内心驚きつつも、

「いいよ。場所はどの辺がいい?」

と言葉をかえしました。
するとBちゃんは、

「そんなに時間があるわけでもないからさ。
ヒデちゃん、これからウチまで来れる?」

私はまたまた内心驚きつつも、

「いいよ。〇〇駅のとこだよね?」


そして車でBちゃんが住む最寄駅へ。
到着した旨をメール。数分後、
彼女はスッピンで私の前に現れました。

「ヒデちゃん来てくれてありがと。お茶する時間ある?」

二人で駅近くの喫茶店へ。
これまで電話やメールなどはお互いかなりしていたものの、
直接会って話すのはなんだか不思議な気もしました。

恋愛、仕事、現在から将来の事まで話は尽きませんでした。
あっという間に2時間ほどが経過しBちゃんが、

「私そろそろ家戻るね。今日は来てくれてありがと。」

いつもは強気な彼女がなんだか女の子らしくて、
くすぐったい気持ちになりました。

「たくさん話ができて、楽しかったよ。じゃ帰ろうか。」

するとBちゃん、

「あのさヒデちゃんにこれ買ってきたんだけどさ、
良かったら使ってくれる?」

そういって私に手提げ袋を差し出してきました。

「えっ?何?いいの?ありがと。。」

彼女は私にかわいい食器をくれました。
食器の箱にはオルゴールが付いていました。
私が彼女にお礼を言いつつ食器を眺めていると、

「いつもヒデちゃんには愚痴や相談ばかりで、、いつもありがと。」

そして彼女を家まで送り、帰宅したのですが、

帰宅したと同時にBちゃんからメールが。

「今日はありがと。これからもよろしくね。」

源氏でない素の彼女がとても魅力的に映った一日でした。

― 続く ―




↓ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります!



Bちゃんから頂いたバレンタイン。
チョコ(500円ほど)と手作りのアクセサリー。
彼女とはお互いプライベートな話もかなりしていたのですが。。
私の事情を考え作ってくれたアクセサリーだったんですね。
いつも忙しい毎日を過ごしている彼女が時間を割いてくれた事に
気持ちが和み、なんだか感動してしまいました。

ホワイトデーはどうしよう?
この頃になると私とBちゃんの関係は少なくとも

“風俗嬢と客“

という枠を超えていました。
本当にお互い何でも話せるようになっていましたから。
私は悩んだ末、ホワイトデー当日のお返しを諦めました。
その理由としては、ふたつあります。

①店に行ってしまうと二人の関係が壊れてしまう気がした。

②ホワイトデーは彼女にとって稼ぎ時。

ということでホワイトデーは諦めたのです。

ホワイトデーを翌週に迎えたある日、Bちゃんから電話が。
たわいもない話からお互いのプラベな話まで、約1時間ほど会話。
この時、ホワイトデーのお返しはしないという旨を伝えると彼女は、

「ヒデちゃん、考えすぎじゃない?でもそう思ってくれるなんて
嬉しい、、けどなんか照れる、ありがと(笑)」

と明るく言葉を返してくれたので、少しホッとしました。
そして気づけばホワイトデーはあっという間に過ぎてしまい
4月を迎えていました。

4月の初旬、またBちゃんから電話が。
彼女はその日、店を休み買い物をしていたようでした。
15分ほど話をした時、Bちゃんがこう言いました。

「ヒデちゃん今日何してんの?夜会わない?」

これまでに何度か彼女の方から、お誘いされた事はあったのですが
具体的にいつ、という誘いではなかったこともあり、
私は誘われる度に、受け流してばかりいたのですが。。

― 続く―



ポチッと→していただけると今後の励みになります。。

Bちゃんの声、口調が店での接客時とはまるで違いました。

素で話しているのが伝わってきました。

ここで、

”そういう営業方法なんだろ?”

と思う男性もいるかもしれません。

私自身も、その思いは当然、頭にありました。


ヒデ「ところで今どこなの?まだ仕事中?」


Bちゃん「もうとっくに家だよ!(笑)」


その後もまだまだとりとめのない会話は続き。。

気付けば2時間が経過していました。。


この日以降、Bちゃんの私に対する接し方に変化が。

具体的に何が変わったかというと、


・”店に来て”の営業文句を言わなくなった。

・店の内部事情や、客への不満などを話す。

・出勤日、休日問わずに私にメールや電話をしてくる。

・お互いに恋愛観、人生観を語る。

・些細な事も相談してくる。


などです。

それ以降も全くBちゃんに会いに行かなかったのですが、

Bちゃんからは相変わらず電話&メールがありました。

そしてバレンタインが近づくと、

”好きな色は?”

などのメールが来たりして、

バレンタイン当日、店の近くまで呼び出され、

手作りのストーンアクセサリーをいただきました。

Bちゃんは、

「こんなとこまで呼び出してゴメンね!

いつも愚痴聞いてもらったりしてるから、そのお礼(笑)」


と私に口早に告げ、店へ戻っていきました。

後々アクセサリーに詳しい知人に見せたら、

一万くらいはするとの事でした。

その後も良好な関係!?は変わらず。。

ホワイトデーがやってくるのですが。。

-続く-



ポチッと→していただけると今後の励みになります。。

Bちゃんと出会ってから4ヶ月が経過。

季節も夏から秋へと変わった頃、

”会いに行くのはもうやめよう”

と思い、店に行くのをやめました。


ただ、私が店に行かないようになっても、

Bちゃんからのメールは頻繁にありました。

メールの内容は相変わらず、他愛もない内容でしたが。


そして、街もクリスマス色が濃くなってくる頃、

とある事情により私はかなり精神的に参っていました。

私はBちゃんとのメールのやりとりの際に、

”その事情”

を話しました。

それからBちゃんは毎日のように私にメールをくれるように

なりました。Bちゃんの休日の日にもです。

私にとってはいい気分転換になったと同時に

彼女に対し、感謝の念が日に大きくなっていきました。


街がクリスマス一色になった日の夜、

Bちゃんからメールが。

”ヒデちゃん、メリークリスマス!”

直後、Bちゃんから電話が来ました

電話が来たのは初めてだったので、

少し動揺しつつ電話に出ました。

「もしもしヒデちゃん?今何やってんの?」

彼女の明るい声が響きました。

「たまにはお店に遊びに来ない?」

その露骨な営業に私はかなり戸惑い、適当に話を終えようとしました。

すると彼女が、

「あっごめんね、また後でね!」

彼女はかなり忙しそうでした。

正直かなり会いたい気持ちがあったのですが、

その日、店には行きませんでした。すると深夜に

彼女からまた電話がかかってきました。

「ヒデちゃん夜遅くにごめんね、寝てた?」

「まだ起きてるよ。そうだ、、Bちゃん、メリークリスマス!」


それから気付けば彼女とお互いのいろんな話をしていました。

彼女の本名や住んでいる場所などはもちろんのこと、

かなりプライベートな部分まで話が及びました。

ここではその詳細までは書けません。(ごめんなさい)

彼女がある話を始めた時、彼女は涙声になっていました。

いや、明らかに泣いていました。

彼女のその覚悟を聞いた私も、、泣いてしまいました。

「、、なんでヒデちゃんが泣いてんのよ。。」


「そうだね、なんでだろ。。(涙声)」


「ヒデちゃん、バカじゃないの~?。。」

ここで気付いたのは彼女の声です。

彼女の話し方もお店とは違いました。

-続く-



↓ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります!



訪問者数
みなさん、ありがとう( ´∀`)
検索フォーム
RSSリンクの表示
全記事表示リンク
カテゴリ
月額540円で見放題!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
2998位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風俗
108位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
当ブログの人気記事ランキング
プロフィール

ひで

Author:ひで
名前:ひで(もちろん仮名)
年齢:40代
職業:普通のリーマン

風俗嬢と客。
様々な人間模様がある。

リンク
リンク元ランキング
Amazon
★Amazon公式 各特集サイト
頭皮の臭いのケアも大切
おすすめ本
言葉選びは大切
楽天市場
プレゼントするなら
Amazon月額動画
売れ筋AV