FC2ブログ

ラブホテルでの心霊体験

みなさん、こんばんは。
管理人ひで、でございます。
突然ですが、本日はラブホテルにまつわる話を・・

風俗といえば、ラブホテルを利用することが多いことでしょう。

でもラブホテルってなんだか怖く感じる時ないですか?

ちなみに私は全く霊感がありません。
いや・・子供の頃に一度だけ、ハッキリと幽霊を見たことはあるのですが・・
本当にこの1回なんですよね、見てしまったのは。

でも、私の知人などでラブホテルで怖い体験をした人は・・

いるんです、実際に!

それは、私の知人夫婦の話です。
この知人が交際していた頃の話です。。
夫を”たかし(仮名)”、嫁を”かおり(仮名)”として
その恐怖体験談を書いてみようと思います。

元々、かおりさんは幼少の頃から、
ある程度の霊感の持ち主だったようです。
夫のたかしさんは、全く霊感のない人でした。

そんな二人が付き合って1年が経つ頃に
某所へ遠出のドライブに行った時の事。

帰路、激しい高速渋滞に遭ってしまいました。
助手席のかおりさんが、

「なんか具合悪くなってきちゃった。
楽しくてはしゃぎすぎて、少し疲れちゃったのかな・・」


そう言いました。

”この状況だと帰宅できるのは明け方かな・・
いっそのことラブホにでも泊まって、かおりを休ませるか・・”


たかしさんは、そう決断をしました。
そして某県で高速を降りました。早めの決断をしたことで、
薬局でとりあえず薬を購入し、コンビニ弁当などを買い、
ラブホを探し入室。

早めの決断をしたとはいえ、入室した時には夜23時過ぎ。
とりあえず、お風呂に湯を入れ、ソファーに座る二人。

かおりさんは、とりあえず薬は飲んだものの、
すぐに体調が回復するわけもなく、ソファーで横になっていたそうです。
そんな、かおりさんが口を開きました。

「たかし・・あのさ、何か、何となくこの部屋、、」

「ん?・・この部屋、何となく汚いかな?
まあ仕方ないよ、新しいホテルじゃないし。とにかく休もう。」


「いや、そうじゃなくてなんか嫌なんだよね~・・」

たかしさんは全く霊感のない人。
かおりさんに霊感があることは知っていたそうですが、
たかしさんは、この時、そんなことすら忘れていて
とにかく疲れていたので、早く寝たかったそうです。

そして二人でサッとコンビニ弁当を食べ、サッと風呂に入り、
床に就いたそうです。床に就いたのは夜12時半頃。

・・そして二人は就寝。就寝してしばらくすると、、

ピチャ・・ピチャ・・・ピチャ・・・・ピチャ

どこからともなく、水の滴る音が聞こえた。
その音に気付き目を覚ましたのは、かおりさんでした。
たかしさんは熟睡状態。

”ん、水道閉め忘れた?”

と一瞬、思ったそうですがそれよりも不思議に思ったことは、

”なんでこんな小さな音に気付いて目が覚めちゃったんだろ、私。。”

この不思議さにゾッとしたかおりさん。
慌てて、たかしさんを起こしたそうです。

「ん・・・なに?・・どうしたの?」

寝ぼけている、たかしさんの耳元で、

「ねえ、変なんだけど!聞いて!」

かおりさんは小声で何かに怯えながら訴えたそうです。
たかしさんは寝ぼけながらも言われるがままに耳を澄ませました。

すると、、

たかしさんにも、水の滴る音が聞こえてきました。
しかし、水の滴る音=怪奇現象とは思っていません。
そりゃそうです、たかしさんは、全く霊感がないのですから。苦笑。

「ねえ、ちょっと寝ぼけてないで真剣に考えて!」

力が入った、かおりさんの怯えた声。

「ねえ、寝る前に水の音なんかしなかったでしょ!?
なんか・・怖いよ。。」


体調が悪いことを忘れてしまったかのように
恐怖に怯えるかおりさんを見て、

”あれ?確かにそう言われればそうだな。。”

「ねえ、、今から部屋出た方がいいんじゃない?」

たかしさんがこの時、時間を確認すると深夜2時を過ぎたところ。
さすがにそれは面倒くさいと感じた、たかしさんは、

「ん~でも今から帰るっていってもなぁ・・
ちょっと待ってて風呂場見てくるわ。。」


そう言ってベッドを出た、たかしさん。
かおりさんは怯えた様子で、たかしさんの後姿を見つめていました。
風呂場を確認すると、確かに水は滴っていました。

”あぁ、なんだ・・”

蛇口を締め直しベッドへ戻りながら、

「大丈夫、水出てたわ・・大丈夫だから、寝よ。」

「え~・・でも。。」

たかしさんは寝ようと言ったものの、

”でも寝る前には確かに水の音はしてなかったよなぁ”

そんなことをふと思い出していたそうで、
眠いのに寝付けなくなってしまったそうです。
そして、この場の空気を変えようと、

「なんか疲れてるのに眠れなくなったなぁ。
少し話そうか。こうして泊まったことだし、
明日、どうせならもう少しどっか立ち寄る?」


かおりさんはまだ怯えた様子でしたが、

「うん、〇〇あたりとか行ってみるのもいいかもね。」

すると今度は・・

ギギッ・・ギギッ・・ガチャ・・

どこからか音がし始めました。。固まる二人。。

「えっ何?なんの音?」

かおりさんは顔を伏せて震えていました。
耳を澄ますとそれはドアから聞こえる音でした。

これには、いくら霊感がない、たかしさんと言えども、
結構、怖かったそうです。
しかし、ドアの近くまで行き、たかしさんはなんと!
ドアを開けたそうです。怖!

ドアを開けてみたものの、当然、誰もいなかったそうです。

「なんだ、誰もいないよ。」

そう言った瞬間、

”あ、あれっ!?誰もいないことの方が変じゃないか?”

とさらなる恐怖を覚えたそうです。
そりゃそうです。誰もいないのにドアから音がするんですからっ!

「たかしっ!出ようよ!」

たかしさんは怖いのと心霊現象など本当なのか?と半信半疑なまま
再度、ベッドに横になりました。

すると今度はさっきよりも大きな音で、

ドンッ!ドンッ!ギーッ!

明らかにドアを叩く音と、ひっかくような音。
これにはさすがに二人とも怯えまくったそうです。

外から誰かが叩いてる・・ってことはドアを開けたらダメだ!
ってか、さっき一瞬開けたけど・・もう絶対開けられない!


それから二人は部屋の明かりを全てつけ、
テレビも大音量にしてつけっぱなしにし、
朝がくるまで、そのまま起きてたそうです。

たかしさんは、この時の体験をこう言ってました。

「僕、本当に霊感ないんですけど、、あの時ばかりは絶対、霊だって思いましたよ。
あのドアの音の鳴り方は明らかに異常でしたよ。。
あれから、怖い体験は一切してないんですけどね。。
そういうことって本当にあるんだなぁ、って。」


ラブホテルに纏わる怖い話、でした。m(__)m

この続きを”読んでみたい”と思われた方がいましたら
これを↓ポチっとしていただけるとありがたいのですが・・

どのくらい気になる方がいらっしゃるのか、参考になります。m(__)m

関連記事
コメントの投稿
非公開コメント


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
訪問者数
みなさん、ありがとう( ´∀`)
検索フォーム
RSSリンクの表示
全記事表示リンク
カテゴリ
月額540円で見放題!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
2531位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風俗
77位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
当ブログの人気記事ランキング
プロフィール

ひで

Author:ひで
名前:ひで(もちろん仮名)
年齢:40代
職業:普通のリーマン

風俗嬢と客。
様々な人間模様がある。

リンク
リンク元ランキング
Amazon
★Amazon公式 各特集サイト
頭皮の臭いのケアも大切
おすすめ本
言葉選びは大切
楽天市場
プレゼントするなら
Amazon月額動画
売れ筋AV