FC2ブログ

私の体験談 ぼったくり風俗店で被害に遭った。 後編

前回からの続きです。(前編を読む

「おい!・・おいっ!」

仕切りの薄いカーテンを挟んで2メートルほど離れているメンバーを呼ぶが
大音量のBGMのせいで私の声は全く届かない・・

”仕方がない”

私は席を立ちあがった。

「どうしたの?」

女の問いかけを無視して、私は各メンバーの席をまわり

「よく聞け、とにかくこの店から出るぞ!早く!・・いいからっ!」

私の真剣な表情にメンバーも席を立ちあがった。
出口までは3メートルほど。すぐそこに出口は見えている。

”このまま素知らぬ顔をしてそっと出よう”

だが店内にはカメラが設置されていたのだろう。
すぐさま店員が出てきた。

その店員の人数・・7人!

出口を塞ぐように黒服の店員が立っていた。

「お客さん・・・どうしました?」

店員は表情も変えずにそう言った。

”ここで動揺したら、こいつらの思うつぼだ”

「どうもしてないけど、ボッタクリ店だとわかったから帰るだけだ。」

私は腹を括った。
この状況に、メンバー達はすっかり酔いが覚めたようだった。

「お客さん、困りますよぉ・・払ってもらわないと・・!」

”一か八か・・やるか。。”

「おいおい・・少なくとも1人、1万2千円払ってるだろ、あっ!?」
「席に座っただけで、こっちは帰るって言ってんだよ!ありがたい客だろぉ~コラぁ!」

勢いに任せて言葉をまくし立てた私。
そしてとっさにメンバーの腕を引き寄せ、がっちり腕を組んだ。
まるでラグビーのスクラムのように。汗
さらにすかさず、

「早よ、どけや~!警察呼んだろかぁ!ウリャアア~!」

黒服の1人を押しのけるようにして強行突破を決行した。
すると、なんと意外にもあっさりと成功した。
だが、まだ安心は出来ない。何故なら・・

黒服が追いかけてくる可能性があるから!

店の出口で私はさらに叫んだ。

「とにかくあの交差点まで走るぞ!」

そして店から20メートルほど走った。
振り向くと、黒服は追いかけてこなかった。
とりあえず安堵のため息をつく私。

というわけで、1人あたり1万2千円×3人分

ボッタクリ被害総額 計 3万6千円也

あのまま勢いでサービスを受けてたら一体いくらボッタクられてたのでしょう。
我々は見事に最小限の被害額で逃げ切ったのです!
めでたし、めでたし!?苦笑

みなさまも店選びには気をつけましょう。 笑

(まだまだ読みたい方は応援クリックお願いします→)

関連記事
コメントの投稿
非公開コメント


よく気付きましたね。

いやー、ぼったくり店怖いですね。
訪問者数
みなさん、ありがとう( ´∀`)
検索フォーム
RSSリンクの表示
全記事表示リンク
カテゴリ
月額540円で見放題!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
2531位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風俗
77位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
当ブログの人気記事ランキング
プロフィール

ひで

Author:ひで
名前:ひで(もちろん仮名)
年齢:40代
職業:普通のリーマン

風俗嬢と客。
様々な人間模様がある。

リンク
リンク元ランキング
Amazon
★Amazon公式 各特集サイト
頭皮の臭いのケアも大切
おすすめ本
言葉選びは大切
楽天市場
プレゼントするなら
Amazon月額動画
売れ筋AV