FC2ブログ

ランパブ嬢とのその後 3

Aちゃんとホテル街へ向かいました。

ホントにいいの?

だいじょうぶです

何が大丈夫なのか、理解しかねたがホテルの一室へ。

お風呂入っちゃって下さい

そう言いながら何やら淡々とマッサージの準備を

始めたAちゃん。私はそそくさとシャワーを浴び

バスタオルを巻いた状態で部屋に戻った。

ここに寝ちゃって 笑

ベッドにうつ伏せになるとAちゃんが私のバスタオルを外した。

まずは背中からのオイルマッサージ。

Aちゃんは下着姿になっていた。

お互い口数が少ないまま、マッサージが進む。

15分ほど過ぎた頃、

じゃあ今度は仰向けになって

もちろん私のムスコは天を貫くかの状態(汗

それに動じず、Aちゃんは足の付け根をマッサージしている。

時々Aちゃんの手がムスコに触れる。。

Aちゃんのスレンダーな身体、目力のある瞳、吐息、、

我慢できずにAちゃんを抱きしめた。

ちょっと、、!そういうのじゃないから。。

えっ!?そういうのじゃないのっ!?

思わず聞き返してしまった 笑

マッサージを中断させ、そういう展開に持ち込もうとすると、

結構、強めにAちゃんは抵抗した。

さすがに私もAちゃんを襲うのをやめた。(汗

Aちゃんは些か不機嫌そう。

私は呆気にとられ、マッサージの続きを断った。

”いったい、この流れは何なんだ!?”

”男なら誰もが期待してしまうだろ。。”

私が戸惑いの表情を浮かべていると、Aちゃんは

電車がなくなるから、帰ります。

そそくさと片づけ始めた。

入室してから1時間程度しか経っていないのにだ。

いっそのことAちゃんだけ帰らせて、ホテヘルでも呼ぼうかと

思ったが、そんなテンションにもなれずに一緒に部屋を出て別れた。

いったいなんだったんだ~!?

という私の叫びが夜の街に吸い込まれて。。

その後、Aちゃんとは音信不通になりました 泣

(まだまだ読みたい方は応援クリックお願いします→)

関連記事
コメントの投稿
非公開コメント


いつも楽しく拝見してます。Cちゃん話がほんわかして好きなのですが、今回のランパブ嬢さんは、何がしたかったのか………普通に勘違いしちゃいますよね。人って難しい。

初心者マークさんへ

初心者マークさんへ

コメントありがとうございます。
世の中、いろんな人がいるからドラマが生まれたりしますね。
訪問者数
みなさん、ありがとう( ´∀`)
検索フォーム
RSSリンクの表示
全記事表示リンク
カテゴリ
月額540円で見放題!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
2405位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風俗
69位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
当ブログの人気記事ランキング
プロフィール

ひで

Author:ひで
名前:ひで(もちろん仮名)
年齢:40代
職業:普通のリーマン

風俗嬢と客。
様々な人間模様がある。

リンク
リンク元ランキング
Amazon
★Amazon公式 各特集サイト
頭皮の臭いのケアも大切
おすすめ本
言葉選びは大切
楽天市場
プレゼントするなら
Amazon月額動画
売れ筋AV