FC2ブログ


彼女と音信不通になったまま、
時だけが過ぎてゆく。

このような終わり方をした彼女に、
私は不満も怒りもなかった。
旧友が言うように、もし嘘だとしても、

“彼女が元気でいるならそれでいい。“

としか、思わなかった。
綺麗ごとを言っていると思うかもしれないが、
間違いなく、それが私の本心だった。


音信不通から3年半程が過ぎた、ある日のこと。


“ん?・・まさか!?”


ふと気づくと、私の某SNSに彼女の名があった。
プロフ画像を見る。

“間違いない・・Aちゃんだ。”
“私のことなど忘れているだろう。”

SNSに自動的に表示されている以上、
気になってしまう。
かといって、喧嘩したわけでもないのに、
私からブロックするのも自意識過剰だし・・
悩んでいてもしょうがないので、
私からメッセージを送ってみる。
すると、彼女から返信が。

“あっ、ひで君、元気?
久しぶりだね。
私は退院して今はなんとかやっているよ。
まだ治療は続いているけど。”


私はそれ以上、深くは聞かなかった。
くだらないやりとりをして
互いにふざけあった。

彼女のSNSを見てみると、
病気のことについても色々と書いてあった。

“病気は本当だったんだ・・”

これまで私に話してくれたことが、
真実だと確信できた瞬間だった。
SNS上で再会できた喜びを彼女に伝えた。

“ひで君も元気そうで良かった。
私のこと覚えててくれたんだね。
ありがとう。今日はいい日だ。笑”



彼女と私のSNSは今も変わらない。
数か月に一度、2往復程度のやりとりがある。
本当に他愛もない話のみ。
この先、お互い会うことはまずないだろう。

彼女の回復を願い続けるだけ。
彼女が一日でも多く笑っていられるなら、
それで私は満足。


返信も遅く、音信不通の期間もあったのに、
なぜ、互いにを見限らなかったのか?
私自身、不思議と言えば不思議にも思います。
私が彼女を見放せなかった理由があるとしたら、
なんでしょう?


・金銭が絡むような発言が一切なかった。
・返信は遅いが内容に誠実さを感じた。
・彼女の優しい瞳
・会えなくても仕方ないという諦め?


があったからでしょう。
だから気長にやりとり出来たのでしょう。
ただ、これがAちゃんではなく、
他の嬢だったとしても同様の結果だったか?
と言えば、答えはノーです。


『Aちゃんとだったから、このような結末になった。』
としか言いようがありません。


出会ってから長い月日が経つのに、
一度も会わず、SNSで時々やりとりするだけ。
こんな関係もまあ・・アリ、ということで。苦笑。

−終わり−






ポチっとしていただけると
記事更新の励みになりますm(__)m


関連記事


彼女が在籍から消えた後、
これまで、返信が遅かったメールは、
さらにレスポンスが悪くなった。
返信は1週間後にきたらマシ。
そのままスルーされたこともある。

普通なら、自然消滅してもいいところ。
月に2回ほどメールを送ってみたり、
3ヶ月に1回くらい電話もかけたりした。
彼女からは何の返事もなかった。
そんな彼女に対して苛立つこともなかった。

半年が過ぎた頃、
珍しく彼女の方からメールがあった。

“ひでちゃん、久しぶりだね。
元気にしてるかな?”


“私と話す気も、会う気もないのだとしたら、
何故、彼女は連絡してきたのだろう?“

私は戸惑いながらも、

“元気だよ、Aちゃんは元気?”

“別に会う気がないなら、
会いたくないと言ってほしい。
断られたところで怒らないから、
正直に言ってほしい。”


とメールを送った。
すると、珍しくすぐに返信がきた。

“ひで君に会いたいのは本当。
だけどね、今、入院しているの・・”


脳裏に浮かんだのは彼女の瞳だった。
私は彼女の言葉を素直に信じた。

“何の病気なの?”

“あのね・・ガンなんだって私。”

病状について教えてくれた。
家族のことについても教えてくれた。
しかし、入院先は教えてくれなかった。
以降、時々メールを送ってみるものの、
返信は一切ないまま時が過ぎた。

それから数か月後の深夜。
彼女と出会ってから1年が過ぎた頃のこと。
Aちゃんからメール着信。

“ひで君、元気?
私は今も入院中。病院飽きたよ。苦笑。
家族の前では明るくしているけど・・”


この日、このメールをきっかけに、
彼女はさらに自らの事情を話し始めた。
(その詳細は伏せさせていただきます。)
くだらない話もたくさんした。

小一時間ほどやりとりしたところで、
彼女に改めて質問してみた。

“ところで・・
どの病院に入院しているの?”


すると彼女は、

“ひで君に会ったら、
私絶対泣いてしまうから無理。
ボロボロになった顔、見られたくないもん。”


教えてもらうことは出来なかった。

“体調がマシな時は、
メールしてね。”


“うん、ありがとう。”

それから1か月後のある日。
Aちゃんにメールを送る。
エラーメッセージが返ってきた。
再度、送る。
再びエラーメッセージが返ってくる。
電話をかけてみる。

「お客様がおかけになった・・」

繋がらない・・
突然に彼女と連絡がつかなくなった。


彼女との関係は突然に終わりを迎えた。
この日以降、ずっと気がかりだった。
当時、旧友に話したのだが、

それはないでしょう。まあ、嘘だよ。

と言われた。そりゃそうだ。
彼女の発言を裏付けできるものは
何一つないのだから。

−続く−




ポチっとしていただけると
記事更新の励みになりますm(__)m

関連記事


普段、深夜に風俗へ行くことなど、
滅多にないせいか、翌朝目覚めると、
昨日のことは夢だったのではないか?
そんな思いに駆られ再度、スマホを確認。
確かにAちゃんとのやりとりが残っていた。

“今度は普通に会って下さい。”

この一文がどうしても気になる・・
営業メールにしては、やりすぎだと感じた。

“客が本気で惚れてしまったらどうするのだろう?”
“もしも、彼女の本心だとしたら!?”

と余計な心配もすれば、都合よく考えたりもした。
Aちゃんと出会って以降、
日に2往復くらいのメールをやりとりし始めた。
彼女の返信はいつも遅く、深夜1時頃にきた。
しかし、返信は丁寧で、

・風俗で働くのは初めて
・勤めてまだ日が浅い
・〇〇方面に住んでいる
・自宅から店まではかなり距離がある。

など、色々と詳細に答えてくれた。
当時、Aちゃんは週1くらいの出勤ペース。
いきなり出勤していることが多かった。
そんな日には時々、

“今から会いにお店に行こうかな。”

とメールをしてみた。
すると、そんな時はすぐに返信があった。

“無駄にお金を使わないでいいよ。”

“私の方から会いに行くから。”

“ひでさんの顔を思い出す度に、
出勤するのが辛くなる・・“


というような言葉が送られてきた。
ある意味こんな熱いセリフを、
風俗嬢から言われたことなど、
全く初めての経験だった。

“本当なのか?嘘なのか?”

彼女の本心を知りたい気持ちは、
日々、大きくなる一方だった。
彼女と出会い2週間ほどが過ぎた時、
彼女には事前に伝えることなく、
再び店を訪れることにした。

ホテルの一室に入り、煙草に火をつける。
換気するために少し窓を開けた。
ぼんやりと外へ視線をやる。
すると、Aちゃんに良く似た女性。
軽く跳ねるようにスキップをしていた。

“ん?Aちゃんか?”

まもなくドアをノックする音。
そのままドアを開けようとしたが、
今回チェックインしたホテルのドアには、
覗き穴が付いていた。
彼女を迎え入れる前に、そっと覗いてみた。
すると・・
ドアの向こう側でAちゃんは
嬉しそうに小さく飛び跳ねていた。

“やはり、彼女だったか・・”

私は吹き出しそうになりながらドアを開けた。

あはっ、え、えへへ・・

彼女は照れまくっていた。私が挨拶をしても、

あっ、、はっ、

と照れまくっていた。
イケメン俳優になった気分だった。苦笑。
美人な彼女がブサ男を相手に照れている・・
この日、私は彼女とプレーしなかった。
そっと抱き寄せたりしただけで終わった。
何を会話したのかも今となっては、忘れてしまった。
それから数日後。彼女からメール。

“他の客に接客していると、
ひでさんの事を想い、泣きそうになる・・。“


と返信があった。
しかし、彼女と電話で話そうとしても、
電話に出てくれることは一度もなく、
会う約束をしようとしても、はぐらかされた。

普通、このような状況になると、
誰もが脈ナシだと感じると思う。
私もそう思ったし諦めていた。

“彼女はどうしたいのだろう?”

そんな疑問だけが残った。
しかし、深追いをしたところで答えはない。
私は彼女と会うのを諦めた。

出会ってから2ヶ月が過ぎた頃、
彼女から再びメール。

“ひでさん、私ね、お店辞めたの。
これからは普通に頑張ります。
そう思わせてくれたのは、ひでさんだよ。
ありがとう。


彼女の言葉が真実なのか嘘なのか、
全く検討もつかなかった。
その数日後、店のHPを確認すると、
在籍からAちゃんは消えていた。

−続く−





ポチっとしていただけると
記事更新の励みになりますm(__)m


関連記事


多くの風俗嬢と出会ってきた私。
一期一会の風俗というこの世界。
不思議なことに、嫌な思いは数えるほどで、
むしろ、楽しかった思いの数が勝る。
“ムフフな思い”も沢山あった。
そんな私が強烈に記憶している、ある嬢がいる。
風俗嬢Aちゃんである。

【出会い】
今から数年前のある平日の夜のこと。
仕事を終え、まっすぐ帰宅したものの、
何となく気分が落ち着かない。
適当に飯を食べ就寝すればいいのに、
もう一人の自分がそれを拒否するかのよう。

“少し散歩でも行くか・・”

夜風を感じながら近所を歩く。
若いカップルとすれ違った。
そして気づく。

“人恋しい、人肌が恋しい。”

独身の寂しい男が平日の夜に、
今すぐそれを得ようとするなら・・
やはり風俗しかないのである。
この時、性的な欲求不満度は低かった。
つまり、誰でも良かった。
癒してくれそうな人なら、それで良かった。

“よしっ、風俗行こう!”

この時、確か22時頃だったと記憶している。
スマホで適当に風俗店を探し、
良さげな嬢を見つける度に、
何軒か電話で問い合わせてみるが、
夜遅いこともあり、なかなか店が決まらない中、
30分ほどが無駄に過ぎていく。
さっきまで、

“誰でも良かった。”

と思っていたわりには、知らず知らずのうちに
好みの嬢を探している自分に気づき、
思わず一人笑いしてしまう私。

22時半、ようやく風俗店が決まる。
時間にさほど余裕はない。
本当ならお店に着き写真を見比べながら、
嬢を吟味したかったが、
そんなことをしていたら、
遅番の嬢もどんどん上がってしまい、
選択肢はより少なくなってしまう。
私は電話で適当にAちゃんを指名し、
慌ててタクシーでラブホ街に向かう。

23時過ぎ。ラブホの一室に入る。

“あっ、宿泊料金になるのか(汗”

そんな当然のことにも気づかなかった。
ひとまず、ドリンクで喉を潤し呼吸を整える。
入室して5分も経たないうちに、
ドアをノックする音が聞こえた。
ドアを開けると、当然のことだがAちゃんがいた。

こんばんは。


笑顔で挨拶をしてくれた。

こんばんは、おつかれさまです。

そんな感じで彼女を部屋に招き入れた。
見た目を芸能人で例えるなら、

少し摺れた感じの綾瀬はるか

と言う印象だった。
綾瀬はるか本人ほど、甘い顔立ちではないが、
とにかく美人だった。
しかし私がいちばん惹きつけられたのは、
彼女の瞳だった。
まるで、瞳から優しさが溢れているよう。
他人の瞳を見て、こんな感覚を覚えたのは初。

“この子、絶対優しい子だ・・”

出会って数分のうちに確信してしまった。
おかしな表現ではあるが、
“根拠のない確かな直感”
があった。

とても美人なAちゃんだが、
私は意外にもテンションが上がることはなかった。
なんとなく会話をし、なんとなくプレーを済ませた。
彼女が特別テクニシャンだったわけでもないし、
サービス精神旺盛だったわけでもない。
興奮度で言えば40%くらいだった。
プレー時間はまだ半分以上余っていた。

ベッドでAちゃんに腕枕しながら、
ありふれた会話をした。そして、

会った瞬間から感じたんだけどさ、

ん?何?

私を見つめる彼女。

すごく優しい瞳をしているね。

見つめられたら恥ずかしい・・

ひでさん、優しい目・・

彼女は瞳をウルウルとさせながら、
すっと、“ひでのひで”に優しく触れてきた。

恥ずかしい・・

いつもならここで再びプレーに入るが、
私は彼女の顔にそっとキスをした。
もう満足だった。このまま寝てしまいたかった。

緊張するから見つめないで。

何度もそう繰り返した。
彼女の髪を撫でたり抱きしめたりしていると、
あっと言う間にプレー時間は消化されていた。
帰り際に連絡先を交換してホテルを出た。
時刻は深夜2時近かった。
自宅に向かうタクシーの中で、メールを送った。
すると10分ほどしてAちゃんから返信があった。

“今日はすごく嫌されました。
今度は普通に会って下さい。”


“ん・・んっ!?普通に?”

これが彼女の営業なのかと気になったが、
睡魔に勝てずにそのまま就寝。


−続く−


ポチっとしていただけると
記事更新の励みになりますm(__)m


関連記事


ドキドキ様よりコメントいただきました。
ありがとうございます。(#^.^#)

[質問]
いつも参考にさせていただいています。
元オキニから3年ぶりに連絡がありました。
内容は他愛もないものでしたが、
また連絡することを約束して終わりました。
自分は、店外デート等やセフレは求めていません。
逆にわりきりの誘いなら喜んでのってもいいと思っています。
まだ、そのような提示もないなかで、元嬢というだけで、
こっちから切り出していいものか?
単に一人の女性として接してほしいのなら、
それは失礼だし。
正直嫌われて、もう連絡なくなるのがこわいです
−質問End−


3年ぶりに連絡があったということは、
その間、覚えていてくれたということ。
とてもありがたいことですね。

久しぶりにどのような会話をしたのかは、
やはり気になるところですね。
本当に他愛もない会話だったのなら、
なおさら気になるところです。
今回のポイントは、

嬢が何を思い、連絡してきたのか?

ということかと思います。
誰かに悩みを打ち明けたいと感じた時、
誰に相談するかといえば、やはり・・

良き理解者に相談する

と思います。と同時に、
じっくり聞いてもらいたいと思うでしょう。
可能であれば、直接会って話を聞いてほしい・・
そう思っているのではないでしょうか?
もちろん、直接会ったからといって、
悩みが解決するわけではありません。
しかし、

直接会って話を聞いてもらうだけでも、
勇気づけられたり元気を貰えたりするもの。


その嬢がどういう理由で連絡してきたかは、
本人以外知る由もありません。
風俗嬢という仕事についての愚痴や悩みを
誰にも相談できるものではありません。
お客の前ではニコニコしていて明るいようでも、
風俗嬢は孤独なのです。

・普通の仕事に復帰するため、背中を押してほしい。
・収入が落ちてしまい、なんとか客を増やしたい。
・理解者が居なくなってしまった寂しさ

嬢が何を抱えて悩んでいるのか・・

嬢の言葉に耳を傾けることが大切。

かと思います。もし私がドキドキ様なら、

覚えていてくれてありがとう。
もし、近々時間あるなら食事しながら話そうよ。


と誘ってみますね。
この言葉をそのまま捉えれば、
単に食事に誘っているだけですが、
この言葉の裏には、

“俺はあなたの話を聞く用意がある。”

という意思表示の意味があります。
これで嬢が食事に応じてくるようであれば、
一緒にお酒を飲みながら世間話しましょう。
ほろ酔いになった頃には嬢自ら、
その理由を話してくれることでしょう。
それを聞いてからでも遅くはないと思います。

もし断られたら?

特に理由なく何となく連絡してきただけ、
という可能性大ですね。

>正直嫌われて、もう連絡なくなるのが怖いです。

これは元客としてでしょうか?
それとも、男としてでしょうか?
それとも、理解者としてでしょうか?

答えはドキドキ様の心にあります。


ポチっとしていただけると
記事更新の励みになりますm(__)m


関連記事

一度でいいから店外デートをしてみたい。

そんな男性は多いと思いますが、
店外デート経験のない男性が
最初に考えることは恐らく、

風俗嬢の口説き方

ではないでしょうか?



確かに必要ではありますが、
店外デートを実現するなら、
風俗店選びが行方を左右するかも?
つまり、風俗店の選び方によって、
店外デートの成功率も違うと感じます。


【こんな風俗店は難しい】


・人気ランキング制度がある風俗店

風俗店によってはHP上に堂々と、
風俗嬢をランキング付けしています。
これにメリットを感じる人もいるでしょう。
しかし、店外デートに誘おうとする場合、
このランキング制度は邪魔でしかありません。
このような風俗店の嬢達には他店よりも、
競争意識が芽生えやすくなります。
客と店外をしたところで、評価に繋がりません。
そんな彼女達は、

“いかに来店させるか?”

ということを意識する傾向が強いのです。
店側にも多少のメリットはあります。
そのように意識してもらうことで、
店外デートを防止する効果が期待できます。


・嬢日記(ブログ)がある風俗店

更新をマメにするかどうかで、
若干、待遇に差を設けている店もありますし、
ブログのない他の風俗店よりも、
“客と嬢との距離感が近い”
と客に錯覚させる効果もあるので、
嬢は客の目を気にする意識も高くなります。

“誰かと店外して、もし他の常連に見られたら?”

という警戒心も必然的に生まれやすくなるもの。


・店舗型の風俗店

店舗型の風俗店で働くメリットとして、

“万が一、客とトラブルになった時、
スタッフにすぐ対処してもらえるから “

という理由があります。
デリヘルやホテヘルなどで怖い経験をした子が、
それに懲りて店舗型で働くことも多いです。
そしてもうひとつは、

“知り合いなどに見つかりたくない”

と理由も多いです。このようなことから、
警戒心が強い嬢が多いと言えるでしょう。


・新規オープンの風俗店

新規オープンの風俗店は当然ながら、
顧客を増やすことが第一ですから、
嬢もスタッフにハッパを掛けられており、
店外デートは至難でしょう。


いかがでしたでしょうか?
風俗嬢とデートしてみたい男性は、
このようなことも頭に入れつつ、
お店選びをするといいでしょう。


ポチっとしていただけると
記事更新の励みになりますm(__)m


関連記事

白茶様より再コメントいただきました。
ありがとうございます。(#^.^#)

[質問]
ひでさんへ。白茶です。
終わってしまいました。
先ほど、予約を入れようと思いましたが、
NGになってしまいました。
また改めてコメントさせて下さい。
−質問End−

コメント全文を拝見させていただきました。
お店と嬢がそう判断したのであれば、
残念ですが、仕方のないことです・・

ポチっとしていただけると
記事更新の励みになりますm(__)m


関連記事

ソルト様よりコメントいただきました。
ありがとうございます。(#^.^#)

[質問]
出会って4ヶ月ほど(計6〜7回)経つ、
オキニ嬢のことです。
出勤は月に1〜2回と少なめです。
全て店の出勤表には載らない裏出勤。
私はこれまで裏出勤の時に姫予約で
入れてもらっていました。
嬢からの悩みを聞いているうちに、
「ソルト君は本当に癒し。」
「ソルト君は本当にありがたい。」
などの言葉がありました。
しかし、7月に入り店のHPに、
普通に出勤をあげていたのです。
ラインも途中から未読スルーに・・
オキニは学生で、今月から学校が休みに入るので、
表出勤もするとは聞いていましたが・・
私はオキニに切られたのでしょうか?
オキニからの反応を待つべきでしょうか?
店外出来る可能性はあるでしょうか?
今回のことはショックと同時に、
心の片隅では、店外できる可能性がないなら、
ここで終わらせてもいいという気持ちもあります。
−質問End−

大変申し訳ないのですが、
私はその嬢に良い印象を持てませんね・・
嬢が裏出勤をする理由は本当にストーカー?
そんな簡単に表出勤するでしょうか?
本当に身の危険を感じているなら、
お店を移籍するなど対策をするはずです。
しかし、普通に出勤するわけですから、
身の安全より金を選んだということです。
つまり、

本人が深刻に感じていないか、
そもそも深刻な事態ではないのでは?


いずれにしろ、発言と行動がマッチしていません。
そして嬢が自ら発言をしたのであれば、
心配してくれるお客に、丁寧な応対をすべきです。
この嬢は少々、自分勝手と言いますか雑ですね。
それでも、お店ではナンバーワンですから、
よほど美人でサービスも良いのでしょう。
当然、多くの指名客もいるでしょうし、
多くの客とLINEもしているでしょう。

まあ嬢にも色々と予定があるのでしょう。
全ての客に対応しきれないまでも、
もしソルト様を大事なお客だと思っているなら、
もう少し丁寧なリアクションをすると思います。
まだ返信はないのでしょうか?
もしないのであれば・・申し訳ないのですが、
ただのお客さんでしかありませんね。
裏出勤の件に関しても、
嬢は何も感じていないに等しいのでは?

“出勤は、HP見て。
会いたければどうぞご自由に。“


くらいにしか思っていないかも。
客に雑な対応をしてくる嬢との店外デートは、
まず期待できないと言っていいでしょう。

有料店外なら応じてくる可能性はありますが、
私なら深追いはしません。m(__)m



ポチっとしていただけると
記事更新の励みになりますm(__)m

関連記事


ebonite様より再コメントいただきました。
ありがとうございます。(#^.^#)

[質問]
以前相談させていただき、ありがとうございました。
連絡先の交換はすることができました。
「もうすぐ話せなくなるのかな、
もっと話したいな。」
と言ったら、
「お店卒業したら遊びに行こうね。」
と言われています。
出勤などで忙しくしていて、
纏まった時間は辞めるまでとれそうにありません。
ラインしていて、やりとりは続いています。
具体的に日程の話はせず行こうね、とは、
自分も書きますが落ち着くまで待つべきでしょうか?
追加です。女の子からお店プレゼント貰いました。
女の子がデザインを考えてくれていました。
−質問End−


ん〜、これは正直なところ、
店外デートの可能性は、かなり低いですね。

お店辞めたら遊びに行こうね。

というこのセリフは、
使い古された断り文句です。

“デートする気はないが、
このような言い回しをすることで、
ひとまずは、客を不機嫌にせずに済む。
そう言っておけば、私が実際にお店を辞めるまで、
リピートを続けてくれるだろう。“


という狙いがあります。
勘違いしていただきたくないのは、
彼女が性悪だということではありません。
繰り返しますが冒頭で述べたように、
“よくある断り文句”
のひとつだということです。

>落ち着くまで待つべきでしょうか?

待ったところで変化はないでしょう。

>追加です。女の子からお店プレゼント貰いました。
>女の子がデザインを考えてくれていました。

残念ながら、とくに特別なことではありません。

今後、どうされるかは、ebonite様 次第です。m(__)m




ポチっとしていただけると
記事更新の励みになりますm(__)m


関連記事

どん様より再コメントいただきました。
ありがとうございます。(#^.^#)

[質問]
ひでさん、ご無沙汰しています。
またひとつコメントさせてください。
以前の嬢とは、あれから一度も会っていませんが、
少し進展がありました。
彼女から新しく好きなアーティストの話があり、
ライブに行こうとなりました。
チケットは抽選のため本当に行けるかは未定です。
それで、ひとつ気になることがあります。
彼女の体調についてのことです。
私が客として行った次の日は、
だいたい出勤時間を遅れて出るか当欠します。
ラインが2〜3日に一通ぐらいのときもあれば、
盛り上がって1日に何往復の時もあります。
気にしすぎかもしれませんが、
私自身の一方的な好意ですので、
彼女の負担になるのなら、
連絡をとったり会うのをやめようと思うのですが、
ひでさんはどう感じますか?


そうですね・・
あまり気になさらない方がいいと思います。
彼女の事情は彼女にしか解決できません。

>彼女の負担になるなら、会うのをやめようと思う。

この優しいお気持ちは分かります。
しかし、それで彼女が喜ぶでしょうか?
私は悲しむのではないかと思いますよ。

彼女の言うとおり多忙で疲労困憊だとしたら、
毎日、一刻も早く身体を休めたいでしょう。
しかし、そんな状況下においても、
彼女は、どん様にLINEを送ってくる。
これがどういう意味かと言うと、

日々の疲労は確かだが、
それでも、どん様とのやりとりは楽しい。


そう思っているのだと思います。
彼女の生い立ちを思えば、
どん様のとろうとしている行動は、

“優しいふりをして、
私のそばから去っていくだけの男“

としか、映らないかもしれません。
乱暴な言い方になってしまうのですが、
日々、辛い現実を過ごしているからこそ、
一時の楽しい思いで現実を忘れたいのです。

しんどい日々だからこそ、
一緒に楽しめる相手が大切。


なのだと思います。
過去、どん様と同様に考えたことがありました。
ある嬢とのデート中、同様の発言をしようとすると、
先に嬢が口を開きました。

ひでちゃんは、どんな時も、
私と普通に接してくれるから。
そういう人がどれだけ大切か・・


嬢は声を押し殺すように泣いていました。
普通に扱ってほしいのに、
周囲の人達に変に気を遣われてしまうことの
息苦しさ。
この嬢とは初回で仲良くなり、
毎週のように会っていました。
知り合って半年経つかどうかの頃でした。
この時、私も思わず目から汗が・・
咄嗟に、

いや、普通っていうかさ、
俺、そこらの女ばっかり見ていて、
そういう細かいことに気付かないんだよ!


と言いました。
しかし情けないことに涙声であることは、
隠せませんでした。すると、

ひでちゃん、面白いね。

と言って泣きながら微笑んでました。
その嬢とはCちゃんです。


彼女のことが好きなら、
どん様がすべきことはたくさんあるはずです。
彼女を金銭面で支えるだけが、正義ではありません。
彼女の生い立ちを思うと、
精神面で支えてあげることが大切だと思います。
時々、一緒に会って笑って過ごす、
それだけでも彼女は貴男を心強い存在だと
感じるでしょう。

頑張ってください。(*^_^*)



ポチっとしていただけると
記事更新の励みになりますm(__)m

関連記事


じん様より再コメントいただきました。
ありがとうございます。

[質問]
前回はアドバイスありがとうございましたm(__)m
少し遠出の食事デートをしてきました。
いつも近場でのデートだったので少し新鮮でした笑
結局、終電での帰宅になりました。
電車が来るまでホームでお喋りしての最後でした。
「ギリギリまでいてほしい」
って言われたらやっぱり嬉しいものですね笑
ここまでが報告で、
LINEについての質問をさせて頂きたいです。
現状は平均で週5程、LINEをしています。
大抵は嬢のほうから夜に来るのですが、
たまに話題があればこちらからも送ります。
LINEが来る時間は大体決まっています。
嬢からの話題は愚痴と趣味の話がほとんどです。
あまりにも夜遅い時間はしんどいのでは?
と思うのですが、毎回夜の2時〜3時ぐらいまで、
おそらく嬢が寝落ちするまで続けてしまってます。
こうなる前にこちらから話を切るべきなのかな?
と考えていますがどうでしょうか?
ちなみに寝落ちした時の話題は大抵そのまま流れます。
何かツッコミどころあればご指摘下さい!
−質問End−

相変わらずのペースでデートされていて、
羨ましい限りです(#^.^#)
まず、LINEについてですが、
彼女の意思でしていることですから、
とくに気にする必要はないと思います。
私の経験上でも似たようなケースは、
何度かありましたが、

安心感を欲している。

のだと思います。
なかなか寝付けないという人は多いものです。
そんな時、
“安心感のある誰か“
とコミュニケーションをとることで、
安眠できるものです。

LINEで文字やスタンプのやりとりしか
していないのであれば、
たまに通話してみることもアリだと思います。
数分おきにやりとりが続くようであれば、

声が聞きたくなちゃったな・・
今、もし大丈夫なら少しだけ声聞きたいな。


とトライしてみるといいでしょう。
もし断られたら、

わがまま言ってごめんね。
早く会いたいな。


という感じで、さらっと流せば問題ないでしょう。
もし通話に応じてもらえたなら、
穏やかなトーンでヘビーな内容にならぬよう、
会話を楽しむといいと思います。

“通話している間、他のことが出来ないから嫌”

という世間の意見は多いですが、
いざ、実際に通話してみると、
メールよりも会話のテンポは早いですし、
相手の感情も汲み取れるので、
コミュニケーションが取りやすいです。
直接言えない、書けないことも、
通話だとつい本音が出てしまったり。
自分で記事にするのは照れくさいですが・・
会話中に、

声、聞いてると落ち着く・・
また早く会いたいな・・


声聞きたいって言ってくれて、
すごく嬉しかった。


などと言われたり。

最後に、ツッコミポイントですが、

>「ギリギリまでいてほしい」

そう言われたら私なら、

俺はずっと一緒に居てほしいと
思っているけど。


と本気で言ってしまいますけどね(#^.^#)
ただ食事に行くだけでなく、
手を繋いでキスくらいしてもいいと思います。
もう少し積極的でいいかと。
頑張って下さい(o^^o)




ポチっとしていただけると
記事更新の励みになりますm(__)m


関連記事


サスケ様からコメントいただきました。
ありがとうございます。(#^.^#)

[質問]
ひでさん、初めまして。
風俗嬢が客を好きになることはありますか?
もし客を好きになった場合、
風俗嬢はどういう感じになるのですか?
−質問End−

風俗嬢が客を好きになってしまう・・
はい、あります。
月並みな言い方になりますが、
風俗嬢も普通の女性ですから。

こんな冴えない私でも、
過去、4人の風俗嬢から好意を持たれたことがあり、
内、1人と付き合ったことがあります。
なぜ、私(客)を好きになってくれたのかは、
やはり気になるところでした。
やんわり理由を聞いてみると、
偶然なのかもしれませんが、
どの嬢も同じような理由でした。


・優しい人だと直感した
・なぜか安心感を覚えた(癒された)
・他のお客さんとは何かが違った
・一緒にいたら楽しいかも?と思えた


ちなみに私はイケメンではありません。
仲良くなった子と会話中にふざけて、
ちょっとカッコつけたりしても、


ひでちゃん、そういうの似合わないから!(・.・;)


と苦笑されるばかりですから・・
もちろんイケメン好きな風俗嬢さんも
たくさんいると思いますが、
そういう嬢ばかりでもないということを、
私が証明しています。(汗)
では、

私のような冴えない男に
好意を持ってくれる嬢はブスなのか?

というと、これは全否定します。


私に好意を寄せてくれた嬢達は、
もれなく、“可愛い”、“美人”な女性でした。


一緒に街を歩くにしても、
私が申し訳ないと気が引けてしまうほど、
不思議と、ベッピンさんばかりでした。
通行人に、二度見されることも・・
少し話がそれてしまいましたが、
そんな風俗嬢さん達は、


客を好きになると、
客の都合に合わせようとしてくれます。


例えば、こちらの仕事終わりに合せて、
途中で仕事を切り上げてくれたり。


ひでちゃん、仕事終わったんだ!?
えっ!?一緒にご飯食べたいから、
私も今から仕事あがるから待ってて(泣)
この後、予約入っているか確認してみる。
予約入ってませんように・・
スタッフさんに、
今日はもう、予約受けないでって、
伝えなきゃっ!


みたいな感じです。
そして一緒に過ごしていて、
私が明日休みだと言うと、


あ〜明日も出勤だぁ・・
行きたくないなぁ・・


と言って、出勤を取りやめてしまうことも。
そして徐々に出勤が減ってしまう。
風俗という仕事を好きでしている子はいません。

客に惚れてしまうと、
好きな人以外に抱かれたくない、という
それまで押し殺して働いてきた感情が、
表に溢れ出てしまい出勤できなくなる、
という嬢がほとんどでした。

そして、


・明日は休み?
・〇〇って好き?食べれる?
・今度××に行ってみたい。


など、相手を気にする言動が増えますし、
わりと積極的に会いたがりますね。

つまり、普通の恋する女子。

だと、私は感じます。(#^.^#)






ポチっとしていただけると
記事更新の励みになりますm(__)m


関連記事


白茶様より再コメントいただきました。
ありがとうございます。(#^.^#)
私からコメント返ししたいと思います。


長文でのコメントありがとうございました。(#^.^#)
白茶様を想うからこそ、厳しいコメントをしますが・・
全文を拝見させていただいた率直な感想としては、

“白茶様はまだまだ心の整理が出来ていないのだな。“

ということ。
そのような状況でS嬢に会いに行ったら・・
相手のペースに飲み込まれるだけです。
何も変わらないでしょう。

>これからは、
>・普通の女の子のSちゃん
>としてではなく
>・デリヘル嬢のSとして
>接していこうかと思います。

店内で接客されている(た)以上、
S嬢はS嬢でしかないのです。

>とはいえ、正直なかなか難しいとは思います。
>途中でまたSの色恋に陥りそうだとは思いますが、
>もう全ての言動を色恋だと思いながら接します。

綺麗に遊ぶ自信は本当にありますか?


>でも、こんな状況でひどい扱いを受けていたとしても・・・
>他の客との時間を想像し、Sの心情を考えると、
>嫌な事をさせられていないカナ?
>なんてSを思うと心配です。

仮に大金を彼女に差し出したところで、
風俗を辞めるとも限りませんし、
白茶様がいくら通ったところで、
解決にならないどころか、
白茶様が破たんするだけです。
S嬢にはS嬢の事情がある。
お気持ちは分かりますが、
安易に首を突っ込むべきではありません。


>Sの色恋に対して非難も苦言もありません。
>Sは一生懸命に仕事をしているだけですからね。

心からそう思えるのであれば、
S嬢に対する心配も無用なのですよ。


>もし、『この間は冷たくしちゃってごめんね。』
>なんて言われようものならば、号泣ものでしょう。
>そしてまた気持ち悪がられるのでしょうね。
>って、期待していては、
>また色恋に簡単に引っ掛かります。

はい、そう思います。(笑)


>ひでさんに言われる前に分かっていた事でしたが、
>やはり自分以外の人に指摘されると、
>少しは冷静になれました。
>まだまだ、あれやこれやと書いておりますが、
>これでもひでさんの言葉を聞いて、
>少しはまだ良くなっているんです。
>Sと出会う前にひでさんのブログの存在を
>知っていても、Sとの出会いの結果は、
>同じ結果でもあったでしょう。
>しかし、こんなにも苦しい思いをすることは
>なかったのでしょうね。

このブログにコメント下さることで、
少しでも気持ちが楽になれるのであれば、
どんどんコメント下さい。
そのような方達のために始めたブログですから。


>少しは、白ちゃんともう少しお話したかったな、
>白ちゃんとご飯や飲みにいってもいいかなぁ・・
>なんて思いは、持ってもらえていたのかなぁ・・

S嬢にそのような感情があるとしたら、
普通のデートはとっくに実現していたでしょう。


>デリ嬢のNさんとカラオケデートに行きます。
>わざわざ出勤時間を変えてくれました。
>うん、なるほどね。
>確かに相手によって、都合を変えてくれますね。
>程度の差はあれ、好意を感じてくれているんですね。
>ありがたい話です。

はい、好意があるならそんなものです。
こちら(客)が驚くほどアッサリと、
デート出来てしまう。
このような出会いを奇跡ではなく、
私は“縁“だと思っています。


>ひでさん、今はこんな感じで良いですか・・・?

S嬢に会うかどうかは白茶様次第・・
と言いたいところですが、

“S嬢に会うべきではない”

そう強く言わせていただきたい。

白茶様はプライベートの件で、
ご苦労されてきた・・
白茶様は日々頑張っていることでしょう。
でも、誰かに甘えていいと思いますし、
苦しかったら泣いてもいいと思います。
でも、その相手はS嬢ではないです。
N嬢だと思います。

過去のことやS嬢のことは話さず、
ただ黙ってN嬢の胸で泣いたら楽になるかと。
“どうしたの?”
と聞かれたら具体的なことは言わず。
女は嫉妬しますから(苦笑)



ポチっとしていただけると
記事更新の励みになりますm(__)m


関連記事


“風俗嬢とLINE交換したのですが、
どんな内容を送ったらいいですか?“


“嬢とLINEのやりとりを
しているのですが、進展しません。“


当ブログに、このような相談コメントが、
年に2回ほど寄せられることがあります。
このような悩み!?を抱えてしまうのは、
何の目的もなくLINE交換したからです。

“姫予約したいから”
“出勤予定を聞きたいから”

ということを理由としている客は多いです。
しかし、冷静に考えてみて下さい。
姫予約って必要でしょうか?
出勤予定?HPを見れば済むことです。
なかには、

“人気嬢でなかなか予約がとれないから、
嬢にLINEで伝えた方が確実だから”

という男性もいます。
ですが、姫予約も出勤予定を聞くことも、
どちらもまさに“風俗客”がする行動です。

風俗嬢の心理は、貴男のとこを、
ますます“客”として認識するだけ。


風俗で普通に遊ぶだけなら構いませんが、
風俗嬢と本気で仲良くなりたいという男性が、

嬢に自ら“客”と認識させてしまう行動を
してしまっては、元も子もありません。


風俗嬢と本当に仲良くなりたいのに、
女の子にLINEで聞くことと言えば、
予約や出勤予定など“仕事”のことばかり。
仕事についてしか聞いていないのですから、
仲良くなれるワケがありません。

いや、男性の気持ちもわかりますよ。
姫予約や出勤予定などを理由にすれば、
交換しやすいですものね。
実際、教えてくれる嬢は多いです。
でもそれは、嬢からすれば、

“まあ、リピートしてくれそうだから
とりあえず教えておくか・・“


という心理でしかないことがほとんど。
姫予約をしたり、出勤予定を聞けば聞くほど

来店することに熱心なお客さん

になるだけ。
それなのに男性は、

“姫予約対応してくれるのは俺だけ?”
“LINE交換した客の中でも俺は特別?”

など、小さな勘違いをしやすいもの。

再度言いますが、お店でスッキリして帰るだけ、
なら、姫予約ツールとしてLINEを使うのは
問題ないのです。

お気に入りの嬢と店外デートしたいなら、
何度、姫予約しようが、出勤を確認しようが、
無駄に金を浪費するだけだと言いたいのです。

もし貴方が風俗嬢と仲良くなりたいなら
姫予約や出勤予定を聞くより、
一刻も早く、デートに誘ってみること。


それで断られてしまったなら、

“この嬢は自分とデートする気はないんだな。”

と割り切ることが出来て、
晴れた気持ちでお店に行くのもアリですし、
別の新規の嬢を探すこともできます。




ポチっとしていただけると
記事更新の励みになりますm(__)m


前回記事の続きです。(前回記事を読む
彩香ちゃんをハグしながらキスをした私。
この時、時計を確認したわけではないのだが、
彼女が入室してからこの展開に至るまで、
おそらく15分ほど経過していたと思う。

そろそろシャワー行こうか。

頷く彼女。服を脱がせようとすると、

待って、、恥ずかしい。

このくらい暗かったら大丈夫かな?

室内照明を調整する。

このくらいだったら・・はい。

しかし、すぐに目は慣れてくるもの。
服を脱がせ下着を脱がせると、
小ぶりな胸が露わになった。
お尻は小さすぎず、ほど良く大きい。
しなやかなスタイル。

スタイルいいね〜。後ろ姿も見たいなぁ。

そ、そんな。全然スタイル良くないです。
胸も小さいし・・恥ずかしい。


私に背を向ける彼女。
細く柔らかい曲線が色っぽい。
そっと背中に触れてみる。

あ〜っ、はうっ!

ピクンと身体をのけ反らせた。

ゾクゾクする・・

このままプレーを始めてしまいたいほど、
興奮し始めていたがグッとこらえる。

シャワー行こうか。

よほど敏感なのか、バスルームに行くのに、
生まれたての小鹿のように歩く彼女。

“まだ何もしていないのに・・
敏感ボディー・・楽しみだ。“

彼女のボディーを洗い始めると、

すいません、いいんですか?
他の人(嬢)はどうしてるんですかね?
普通は私が洗わなきゃいけない・・
んっ、あぁ〜、んっっあ〜っ!・・


まだ局部すら触れていないのに反応が凄い。
こういう敏感な子は、私もテンションが上がる。
そして、つい、つまらない言葉を口にしてしまう。

気持ちいい?

んっ〜あぁぁ!んっぐっ、ん、はぁ、
はいっ・・・い、いやぁ〜はぁぁ〜!


そっと局部に触れてみる。

ひ、ひでさんっ!・・あ、あの・・
んっ〜あぁぁ!いく・・んっぐっ、
い、いやぁ〜ぁぁ〜!


と同時に、彼女は身体を大きくのけ反り、
果ててしまった。(驚)

“こんな敏感な子・・いつぶりだろう?”

その場に崩れ落ちるように座り込んだ彼女。

いっちゃいました・・・
なんでこんなにゾクゾクするんだろう・・
んっ、はぁ、はぁ、はぁ・・


そう言いながら、私のモノを口に含んだ。

“おっ、ネットリ系のフェラ・・
結構、しっかり根本まで咥えるんだな・・”

彩香ちゃん、上手だね。
すごく気持ちいいよ。


彼女がMでご奉仕タイプであることを
確信した私。
早くベッドでイチャイチャしたくなった。
身体を拭いてあげている最中も、
彼女の身体は大きく反応している。
ベッドに横たわり、彼女のアソコに触れる・・
なかなかの濡れ具合。クリをそっと撫でると
身体をピクピクさせ、再び果ててしまった。

いつもこんなになっちゃうの?

“また、つまらないことを聞いてしまった。”

触り方が上手だから・・んっ、はぁはぁ・・

すると彼女の方からキス。
さらに抱きつきながらのディープキス。
そして私をさらに強く抱きしめてきた。
私が無言のまま笑顔でリアクションすると、

はぁ、はぁ、ひでさん・・優しい。
奥さんが羨ましいな・・


ん?俺、独身だよ?

ん、はぁはぁ・・そうなのぉ?

うん。

そのまま彼女の下半身を責める。
太もも、ふくらはぎ・・太もも・・
そして、アソコに下を滑らせる。
彼女の身体がピクピクっと振動した。

い、いやぁ〜!また・・い、いっちゃう!

と同時に果ててしまった。

“なんて敏感なんだ”

仰向けのままピクピクし続ける彼女に、
ひでのひでを咥えさせた。

ん、んぐっ・・

根本まで咥えこむ彼女。
しかし正直、あまり気持ちよくなかった。
早々にひでのひでを引き抜き、
正常位の体勢になり、
彼女のクリにひでをゆっくりと、
ソフトに擦りつけた。
ローションは不要だった。

んぁぁ〜!

私が特別テクニシャンなわけではない。
彼女が敏感すぎるのだ。
さらに彼女は悶え始めた。

んぁぁ〜!んっ、んっ、・・
はぁぁ〜!はぁ・・ひ、ひでさん・・んっ、んっ、


んっ、ぐっ、あ〜!キ、キスして、んっ

“言う事がいちいち可愛いなぁ”

完全に興奮のスイッチが入った私。
激しいキスをしながら擦りつける。
彼女の“入口”に先端を擦りつけてみる・・

あぁ〜そんなっだめぇ〜!んっ、あぁ〜っ!

彼女の身体は私の下で大きく波打っている。
その反動で“ひでのひで“の先端が入った。

あぁ〜い、いやぁ〜っ!んっ、はっ!
はぁ〜・・お、おっきいぃ!いいくぅ〜!


指入れをしなかったので、
この時、彼女の締まり具合を初めて知った。

“すごく中が動く子だな・・気持ちいい”

彼女は両足を私の身体に絡みつけ、
さらにキスをねだってきた。

んっんんんぁあ〜!こういうこと・・
んっ、あぁ〜、ダメなんでしょ?
でも気持ちいい〜、んっくっ、
くっぁぁあぁ〜い、いくぅ〜!


私もあっという間に彼女のお腹に放出した。
最後に口で綺麗にしてくれた。
その後、数分間、彼女はグッタリ。

こんなに感じちゃったの久しぶり。
あぁーもう帰って寝たいです。笑


ひでさん上手ですね、すごい。

お世辞でも嬉しいね!・・ってか、
彩香ちゃん、反応凄すぎ 笑


だって、ひでさんが・・
ツンツンするからぁ。頭真っ白になっちゃって・・


ところで彩香ちゃん、
出身は関西方面?〇〇とか?


えっ、わかりましたか?
〇〇出身なんです。


〇〇弁でイチャイチャしてよ 笑

え〜、恥ずかしすぎます。笑

この時点でプレー時間は残り20分ほど。

“もう一回戦出来るかなぁ・・”

ひでと、ひでのひでが会議した結果、
もう一回戦突入することにした。笑
事が終わると、

全部がすごく優しい。
こういう感じ、いいですね〜。
でも・・もうこういうことはダメ・・
あ〜ダメだ。雰囲気に流されちゃった・・
もう絶対・・


彩香ちゃんが微笑んだ。
私は彼女になんて言っていいのか
悩んだ挙句、

大きい独り言だな 笑

と言うと、彼女は声をあげて笑った。
そして、タイマーが鳴った。
二人でシャワーを浴びた。
服を着てソファーに腰掛けると、
彼女は隣に腰掛け、首筋の匂いを嗅いできた。

何してるの? 笑

ひでさんの匂い、
覚えておかなきゃ。笑


普通、顔を覚えるでしょ!

最後までいちいち可愛くて、
思わず笑ってしまった。

“LINE交換してみようかな?”

と思ったが、言葉にするのを止めた。
それから数日後。本当に無意味なことなのだが、
彼女が他の客ともしているのか気になり、
スマホで調べてみると、あるサイトに、
客と思われる数件の書き込みが。

“新人基ナシ”
“新人入ったけど、ナシ”
“顔はまあまあ。あれでアリだったらなぁ”

などと書き込まれていた。
真偽の確かめようのないことだし、
深く探る理由もなし。

入店当初、本番ありだったのに、
入店後しばらくすると、
本番なしになる嬢は実は珍しくはない。
彩香ちゃんはどうなるのか・・

秋になっても在籍していたら、
会いに行こうかな・・なんとなく。

−終わり−


ポチっとしていただけると
記事更新の励みになりますm(__)m


関連記事
訪問者数
みなさん、ありがとう( ´∀`)
検索フォーム
RSSリンクの表示
全記事表示リンク
カテゴリ
【月額540円】DMM見放題chライトでアダルトもグラビアも (2)
1.読者の皆様へ (3)
2.風俗嬢と仲良くなるには? (4)
3.風俗嬢と仲良くなるコツ (24)
4.風俗店の料金 指名料とは? (2)
5.風俗嬢とLINEを交換したい (1)
6.嬢といつLINE交換する? (1)
7.嬢と初回でLINE交換の理由 (1)
8.嬢とLINE交換の目的を明確に (1)
9.風俗嬢の性格を見極める (1)
10. 風俗嬢とLINEする (1)
11.風俗嬢にプレゼントする (2)
12.風俗嬢と店外デート (6)
13.風俗嬢の態度から性格を推察 (2)
自分の事 (15)
風俗嬢さんへ (5)
こんな風俗店は危険だ (2)
こんな嬢は嫌だ! (2)
こんな客は嫌だ! (2)
バレンタイン (6)
クリスマス (3)
風俗嬢と花見。おすすめグッズ (1)
メール編 (7)
これってどうなの? (9)
天蓋編 (2)
私の体験談(単発) (21)
こぼれ話 (12)
風俗嬢さんからの質問 (1)
風俗 お悩み相談 (199)
もしも、この子が風俗嬢なら? (4)
風俗嬢Aちゃん (4)
風俗嬢Bちゃん (11)
風俗嬢Cちゃん (19)
風俗嬢Dちゃん (9)
風俗嬢Eちゃん (6)
風俗嬢 Fちゃん (1)
風俗嬢Gちゃん (5)
風俗嬢Hちゃん (9)
風俗嬢Iちゃん (3)
ランパブ嬢Aちゃん (4)
風俗関係ニュース (3)
風俗好きな芸能人 (1)
出会い系の体験談 (2)
性病で通院した体験 (1)
勃ちが鈍い時は、男の精力剤 (1)
風俗嬢との怖い話 (1)
ネイル好きな風俗嬢 (1)
月額540円で見放題!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1518位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風俗
38位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
当ブログの人気記事ランキング
プロフィール

ひで

Author:ひで
名前:ひで(もちろん仮名)
年齢:40代
職業:普通のリーマン

風俗嬢と客。
様々な人間模様がある。

リンク
リンク元ランキング
Amazon
★Amazon公式 各特集サイト
頭皮の臭いのケアも大切
おすすめ本
言葉選びは大切
楽天市場
プレゼントするなら
Amazon月額動画
Amazon 月額書籍