FC2ブログ
Aちゃんとホテル街へ向かいました。

ホントにいいの?

だいじょうぶです

何が大丈夫なのか、理解しかねたがホテルの一室へ。

お風呂入っちゃって下さい

そう言いながら何やら淡々とマッサージの準備を

始めたAちゃん。私はそそくさとシャワーを浴び

バスタオルを巻いた状態で部屋に戻った。

ここに寝ちゃって 笑

ベッドにうつ伏せになるとAちゃんが私のバスタオルを外した。

まずは背中からのオイルマッサージ。

Aちゃんは下着姿になっていた。

お互い口数が少ないまま、マッサージが進む。

15分ほど過ぎた頃、

じゃあ今度は仰向けになって

もちろん私のムスコは天を貫くかの状態(汗

それに動じず、Aちゃんは足の付け根をマッサージしている。

時々Aちゃんの手がムスコに触れる。。

Aちゃんのスレンダーな身体、目力のある瞳、吐息、、

我慢できずにAちゃんを抱きしめた。

ちょっと、、!そういうのじゃないから。。

えっ!?そういうのじゃないのっ!?

思わず聞き返してしまった 笑

マッサージを中断させ、そういう展開に持ち込もうとすると、

結構、強めにAちゃんは抵抗した。

さすがに私もAちゃんを襲うのをやめた。(汗

Aちゃんは些か不機嫌そう。

私は呆気にとられ、マッサージの続きを断った。

”いったい、この流れは何なんだ!?”

”男なら誰もが期待してしまうだろ。。”

私が戸惑いの表情を浮かべていると、Aちゃんは

電車がなくなるから、帰ります。

そそくさと片づけ始めた。

入室してから1時間程度しか経っていないのにだ。

いっそのことAちゃんだけ帰らせて、ホテヘルでも呼ぼうかと

思ったが、そんなテンションにもなれずに一緒に部屋を出て別れた。

いったいなんだったんだ~!?

という私の叫びが夜の街に吸い込まれて。。

その後、Aちゃんとは音信不通になりました 泣

(まだまだ読みたい方は応援クリックお願いします→)

読者の皆様、更新滞りすいません。
数々のコメントをいただいておりますが、
放置状態と化してますね(汗

順次、お答えしていきたいと思います。(汗
まずは、ランパぶブ嬢とのその後についてコメントが多かったので
ご報告したいと思います。

一緒に食事をした2週間ほど経ったある日、
ランパブ嬢のAちゃんに

”仕事頑張ってる?”

的なメールを酔い任せにした私。するとAちゃんから

今、仕事中だよ。お久しぶりです!元気ですか!?”

という返信がありました。
それをきっかけにダラダラと!?メールは続き、
再び食事することになりました。

再会の日はそれから約1週間後のこと。。

待ち合わせして、前回のように食事をして。
前回と違うのはAちゃんが大きめのバッグを抱えてきたこと。
食事を終えた時、Aちゃんから切り出してきました。

私、マッサージが得意なんですけど、
よかったらしてあげましょうか?


瞬時に、

”これは裏があるか。。!?”

と思いながらも、

じゃあ、してもらおうかな!でもラブホくらいしかないけどいいの?

いいですよ

と淡々と答えるAちゃん。

(まだまだ読みたい方は応援クリックお願いします→)

ランパブ嬢との出会いのその後です。

結局、出会ってから約2か月後にAちゃんと某駅前で再会。

ホントに来てくれたんだね

はい(笑)

Aちゃんと駅からほど近い飲食店へ。

どんな展開になるのだろう。。と思っていたのですが、、

普通に、ご飯食べて軽くお酒を飲み、終了。最後に、

なんで来てくれたの?

会いたいと真剣に言ってたから(笑)

なんか府に落ちない、、いや、難しく考えるのはやめよう。。

その後Aちゃんには連絡していない。


(まだまだ読みたい方は応援クリックお願いします→)

みなさま、残暑厳しい中いかがお過ごしでしょうか?
今日は風俗というよりランパブ嬢との出来事を。
かれこれ2か月ほど前のこと。友人と居酒屋で飲んでいると

「この後もう一軒行かない?ワンセットだけ。」

と色気のある誘い(笑)

「おっ、行こうか。」

という言葉と同時に私は席を立ち友人と居酒屋を出た。
ついた先はランパブ。ランジェリーパブである。
正直なところ私はこういう類のお店に興味がない。
いや正確に表現すれば、若かりし頃に上司に連れまわされ、
飽きてしまったのだ。あれから20年。。
だから今の私は、この手の店のシステムに疎い。

”ランパブって何?おさわりオッケーなの?”

と、浦島太郎状態なのです(苦笑)
店内はほんのりと薄暗い。
店内に入るとスペースの一角に女の子達が固まって座っていた。
それを見やりながら席についたのだが、
その中のひとりのスレンダーな女の子(以下Aちゃん)が気になった。
だが最初に登場したのは別の女の子。
この女の子も巨乳で魅力的だったが、やはりAちゃんが気になった。
すると、女の子も慣れたもので、

「Aちゃんが気になるの?呼んであげようか?」

「あ、いい?ごめんね、あの子(Aちゃん)気になるんだよね。」

数分で女の子と入れ替わるかたちでAちゃんが隣に座った。
間近で見るとなかなか大きな瞳で色白な子でかわいい。
年齢的には20代半ばくらいだろうか。
Aちゃんの口数は少なかった。緊張してて、という感じではなく、
そういう子、という感じ。
接客業としてどうかと思うくらいの口数の少なさ(苦笑)
ただ私としてはこういう子キライじゃないのです。

むしろ擦れていない感じがします(笑)

こういう席でありがちなベタなトークをしたが、
私もいい感じに酔っていたのであまり内容を覚えていない。
ただワンセット(40分くらい?)で店を出ると決めていたので、
隣の友人とは目も合わせずにAちゃんを口説いていた、らしい(友人談)
そしてあっと言う間に時間いっぱい。私は少々、慌てて

「もし迷惑じゃなかったら、連絡先交換させてもらっていい?」

「いいよ、番号言うね。」

私はスマホに番号を打ち込みワンギリして店を出た。
その翌日、メールでお礼と少しだけ口説きの続きをした。
どんな感じかというと、

”キャバ的な店は好きではない。だから店に行くことは多分もうない。
だけどAちゃんと飲みながら話してみたい。”

という内容の口説き。だが彼女からのレスポンスは良くない。

”これはダメだな。。”

と思ってその後、すぐメールはやめた。
だが最近、Aちゃんから突然メールが届いた。

”もし良ければ近々会ってもいいですよ。”

”会ってくれるのは嬉しいけど、店には全く行くつもりないからね。
それでも良ければ、呑みに行きましょう。”


約2か月の間をあけてのこの展開、なんなんだろう?
エロさを全く出さずにいた私の勝利なのでしょうか???
少々、戸惑っている今日この頃なのであります。

(まだまだ読みたい方は応援クリックお願いします→)

訪問者数
みなさん、ありがとう( ´∀`)
検索フォーム
RSSリンクの表示
全記事表示リンク
カテゴリ
月額540円で見放題!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
2257位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風俗
64位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
当ブログの人気記事ランキング
プロフィール

ひで

Author:ひで
名前:ひで(もちろん仮名)
年齢:40代
職業:普通のリーマン

風俗嬢と客。
様々な人間模様がある。

リンク
リンク元ランキング
Amazon
★Amazon公式 各特集サイト
頭皮の臭いのケアも大切
男のみだしなみ
楽天市場
プレゼントするなら
Amazon月額動画
売れ筋AV