FC2ブログ
久しぶりのブログ更新となりました。
読者のみなさま、暑さに負けずお過ごしでしょうか?
私事ですが、いろいろありブログ更新できずにいました。
ようやく落ち着いてきたかなぁというタイミングで、
私にとっては今年度最大の事件が起きました。

つい先日のこと。
なかなか寝付けず、過去に利用した風俗店のHPを見ていました。

”あれから新人さんどのくらい増えたんだろ?”

などと思いながら在籍をチェック。すると、、

あのDちゃんが復帰していたのです!

勝手にテンション上がってしまい、すいません(汗

Dちゃんがどうした?

と気になる方は、当ブログの”風俗嬢Dちゃん”カテゴリーをご覧ください(汗

眠気に襲われかけていた私は、一気に目が覚めてしまいました。
Dちゃんと最後に会ってから数年経過。。
彼女の現在の状況など知る由もありません。
完全に音信不通の状態です。

実は、私が今まで出会ってきた風俗嬢さんの中で、、
いや、女性の中で、いちばん心惹かれる女性でした。
今もそれは変わりません。

唯一、惚れたと言っても過言でないほどの女性です。
そんなDちゃんが、風俗に復帰。

DちゃんをHPで見つけた瞬間、心臓が高鳴りました。
いい歳した大人が、少々パニックに陥りました(汗

”会おうと思えばまた、彼女と会える”

というチャンスが訪れた嬉しさと、

”風俗に復帰かぁ、、知りたくなかったなぁ”

という残念な気持ち、そして数年前の思い出が
頭の中を駆け巡りました。。
そして出した結論。

”もう一度会いに行こう”

彼女に会いたい。。今の私の心の内訳。

・近況報告的な会話をしてみたい 80%
・とりあえずエッチもしたい      20%

という感じです。。
そして、もし可能なら以前のように普通に会ってくれたら。。
と思っています。
ただ、その可能性は限りなく低いだろうと思っています。
数%、といった感じでしょう。

復帰を知った以上、スルーするわけにはいかないのです。
まずはソフトにトライしてみます。
負け戦だと解っていてもトライせずにはいられません。

ただ彼女がそれを望まないのであれば、
潔く身を引くこともわかってます。

なんかフワフワして気持ちが落ち着きません(汗

とにかく近日中に彼女に会ってきます。。


(まだまだ読みたい方は応援クリックお願いします→)

前回の続きです。

”ひでちゃん、元気?”

”元気だよ!Dちゃんは元気?”

”うん、、まあまあ元気だよぉ(笑)”

そしてDちゃんから電話がかかってきました。

そして数か月ぶりにDちゃんと会うことになりました。

前回同様に、彼女の家まで迎えに行き一緒に食事をし、そしてホテルへ。

Dちゃんのスレンダーな体がしなやかに動く。。

事を終え、彼女を抱きしめ余韻に浸る。

私は彼女にこう聞いた。

ここんとこお店に全然出てないっぽいね?

うん。。今はね、お昼に普通に働いてるんだ。

でも、アルバイトだけどね。


私はそれを聞いて、なんだかホッとした。

私も彼女の“客”であるにもかかわらずまるで自分が彼氏かのように安心した。

そっか。うん、なんだか安心したよ。

うん、、ありがと。

Dちゃんと会う時は決まって5時間ほどだ。

だいたいは19時頃から24時頃までの時間帯。

食事、ホテル代で約1万5千円ほどが彼女とのデート代だ。

前回、彼女に渡したのは諭吉2枚。

彼女にとっては割に合わないと思うのだが。。

割に合わないのにこんな私みたいな冴えない男となぜ?

そういう思いが私にはあった。

そこらの芸能人より遥かにかわいいDちゃん。

店外しようと思えば私より好条件を提示する客はもっといるはず。

この頃のネットの掲示板には、


”D、辞めた?”

”Dは美人だね、でも基なし(本番なし)”

”Dが出勤しないのはキモ客のせい”

”Dと店外したやついる?”


などかなり話題になっていた。

掲示板を見ている限りでは店外した、という客はいないようだ。

こういう書き込みを目にするたびに私はますます、

”なんで自分と店外してくれるんだ?”

という気持ちが大きくなるばかり。

私はDちゃんにこう切り出しました。

Dちゃん、もし今度会う時は、、俺の家に来ない?

彼女は目を閉じたまま私の横で頷いた。

それから数分後、

ん、、(スー、スー。。)

彼女は私の腕の中で眠ってしまった。



(次回の更新記事を読みたい方は応援クリックお願いします→FC2 Blog Ranking)

Dちゃんと会うたびに好きになっていく自分がいた。

Dちゃんに惚れてしまった。

だが彼女のような美人に彼氏がいないわけがない。

Dちゃんとはお店に1回行っただけで、

以降は店外デートのみ。

この状況をこのまま素直に楽しんでいるべきなのか、

それとも今の関係が壊れてしまうのを覚悟で告白するのか

正直、迷っている自分がそこにいたのです。

ある時、

真剣に付き合ってほしい

Dちゃんに告白しました。

Dちゃんの返事は、

ひでちゃん、ごめん。実は私、、彼氏いるんだ。。

告白した翌日、彼女からメールがきました。

そのメールはとても丁寧な長文でした。

簡潔にまとめると


・お店以外で会ったりしたのは、本当にひでちゃんだけ。

・優しかったし、一緒にいると癒された。

・ひでちゃんを利用しているようで罪悪感もあった。



というような事が長々と書いてありました。

Dちゃんが罪悪感を感じていたことは私も知っていました。

何故ならDちゃんとのデートの別れ際、一度だけ渡すものを渡したことがありました。

(決して彼女が満足できるような数字ではありませんでしたが)

その際、Dちゃんがとても辛そうな表情で受け取ったことがあったからです。

ひでちゃん、、ごめん。。。

だから、彼女の気持ちは知っていました。

この日を最後に、Dちゃんとは疎遠になっていったのですが。。


それから数か月後、Dちゃんからメールが。。


(次回の更新記事を読みたい方は応援クリックお願いします→FC2 Blog Ranking)

それからというもの月に1度ほどDちゃんと会った。

彼女の出勤後であったり、休日にも会ったりした。

ただ、彼女からメールや電話がくることはほとんどなく、

デート!?の9割は私から誘ったパターンだ。

ここまで書いたところで、ふと思った。

彼女、桐谷美鈴にも似ている。

Dちゃんを思い出しながらこの記事を書いていて

黒木メイサ、NMB山本彩、桐谷美鈴

の3人に似ているような、、まあつまりは美人さんだ。

そんなDちゃんだが、一緒に食事しても金のかからない子だった。

彼女は”ラーメン好き”だからだ(笑)

そして彼女はブランド品に興味のない子だった。

バッグや、アクセサリー、洋服や靴なども庶民的だった。

そのバッグ、かわいいね。どこのブランド?

高くないと知っていながらわざと聞いてみたりした。

えっ、安いよぉ。これドンキーで買ったバッグ。
安っぽいけどお気に入りなんだぁ(照)


彼女の携帯も使い古した感が滲みでている。

つまり倹約家なのだ。

私の勝手なイメージでは、そこそこ金使いの荒い子だと思っていた。

だが真逆だった。そして彼女は、風俗嬢っぽくない風俗嬢だった。


風俗によく通っている男性なら分かってもらえるかもしれないが、

たまにいませんか?

”この子、風俗嬢に向いてないんじゃないか?”

というような子。

風俗という仕事をするには、なんというんでしょう。。

ハートが強くなければ続かないというか。


しかしDちゃんは、ハートの強い感じではありませんでした。

彼女といろいろ話した上でそう感じたこともありますが。。

そして何度目かの天蓋の時です。

ホテルのベッドで私はただ彼女を抱きしめていました。

彼女の髪の匂い、温もり。。

彼女の寝息を聞いているだけで満足感がありました。

性欲よりも先に精神が満たされてしまう、そんな感覚。

彼女に惚れてしまっている自分がそこにはいました。


(次回の更新記事を読みたい方は応援クリックお願いします→FC2 Blog Ranking)

それからというもの、私はDちゃんがすっかり気になるようになった。

ちょこちょこ、彼女の出勤状況をチェックした。

そして某掲示板サイトで彼女についての書き込みがあるかどうかも。

彼女の出勤状況は、たしかに頻繁ではなく出勤したとしても

4時間程度だった。

ちなみに掲示板には彼女についての書き込みがいくつかあった。

”D、カワイイ感じがするんだけど”
”お店で写真見たけどカワイイ!”
”次、出勤いつかな?”
”Dと天蓋したやついる?”

”Dに入ったけど、かわいかった。でも基ナシ”

というようなものだった。
これらの書き込みを見て、私は変に感心してしまった。

”やっぱり、かわいいよなぁ。。”

Dちゃんと過ごして数週間後。

夕方、Dちゃんから電話がきた。

もしもしヒデちゃん?

(この日、彼女は店に出勤していた)

Dちゃんお店じゃないの?どうした?

うん。今日19時頃に上がる予定だからご飯食べない?

もちろん喜んで(笑)

私は仕事を定時で終え、急いで帰宅し車で彼女の店の方へ向かった。

彼女が仕事を終え、私の車のところに来たのは結局19時半頃だった。

そして、彼女が行きたがっていた某有名ラーメン店へ行くことになった。

ラーメン店へ車を走らせている車中。

ヒデちゃん、ちょっと疲れちゃったからシート少し倒してもいい?

うん、いいよ。少し休んでなよ。

ありがとう。。あ~、、ホントに疲れちゃった。

助手席のDちゃんに下らない話をしながら運転した。

ひでちゃん、ウケる~(笑)

Dちゃんの声と笑顔がホントにかわいい。この日もデニムのミニスカート。

信号待ちの時などは彼女の細い脚が眩しすぎるほど美しかった。

ラーメン屋付近の駐車場に車を停めた。

歩き始めるとDちゃんが手をつないできた。

そしてラーメン屋に到着。入った瞬間、店内の男性客が一斉にDちゃんを見た。

そして次に私を見た。

”なんでお前がこんな美人を?”

という視線だ。私とDちゃんはそんな視線を無視して席についた。

あ~いい匂い。急にお腹MAX空いてきた。早く食べたいなぁ(笑)

私はDちゃんの無邪気な表情をその時、初めて見た。微笑ましかった。

すっかり彼女の虜である(笑)

お互い違うラーメンを頼み、味見しあった。

その後は、なんかただマッタリしながら話したくてホテルへ。

ホテルでは裸のまま、ただ抱き合って話をした。

エッチはしなかったし、風俗の仕事の話について私からも彼女からもしなかった。

そろそろ23時になる。今回は時が経つのが早く感じた。

彼女を家まで送るのはまだ気が引けたので、

そろそろ帰ろう。どこか近くまで送るよ

うん。ありがとう、ひでちゃん、ごめんね。

ホテルを出て、彼女の住むエリアまで車を走らせた。

そのエリアまで来た時、

やっぱり家まで送ってもらおうかな。。

私は驚いて、

俺は全然いいけど、、自宅知られちゃうの嫌じゃないの?

う~ん、、ひでちゃんはそういうことしない人だって思えるから。

それから先、彼女の案内で車を走らせた。

この辺りで、停めて。。今日はホントにありがとう。

車を停めて、彼女が指さす方向をみた。

んっ?もしかして実家暮らし!?

うん。私の家、ここなんだ(照)

そっか、、もう場所覚えちゃったよ。ホントにいいの~?(笑)

あっそうだ。これ。。

彼女に礼を渡そうとした。すると彼女はおっとりとした感じでこう言った。

もうそういうのはいいから。。私、ひでちゃんといて癒されるし楽しいから。

こういうのは今後やめようよ。。普通に遊ぼう、、ね?


彼女が家に入っていくのを見届けてから、その場を離れ帰宅した。(続く)

(次回の更新記事を読みたい方は応援クリックお願いします→FC2 Blog Ranking)

訪問者数
みなさん、ありがとう( ´∀`)
検索フォーム
RSSリンクの表示
全記事表示リンク
カテゴリ
月額540円で見放題!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
2230位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風俗
79位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
当ブログの人気記事ランキング
プロフィール

ひで

Author:ひで
名前:ひで(もちろん仮名)
年齢:40代
職業:普通のリーマン

風俗嬢と客。
様々な人間模様がある。

リンク
リンク元ランキング
Amazon
★Amazon公式 各特集サイト
頭皮の臭いのケアも大切
おすすめ本
言葉選びは大切
楽天市場
プレゼントするなら
Amazon月額動画
売れ筋AV