FC2ブログ

駅前から徒歩で数分の某飲食店に入った。
テーブル席で向き合う形で着席した。
できればカウンター席が良かったのだが、
残念ながら、この店にはないのだ。
それでもこの店をチョイスしたのは、
彼女の希望だったから。

私はハイボールを、彼女はビールを注文した。
些細なことだが、これは私なりの気遣いであり
ある種の探りでもあった。
飲みの席では普通、一杯目というのは、

「とりあえずビールで!」

という方がスムーズであることは確かだ。
しかしそうしてしまうと、女性は本当に飲みたい
アルコールを注文しにくくなってしまう。
私が先にハイボールと言うことで女性は、

この人は飲みたいものを注文したから私も。。

と、好きなアルコールを注文しやすくなる。

ミサちゃんも好きなの飲んでね。

すると彼女は、

私、日本酒飲んでみたいかも・・
でも日本酒は酔いが早いし・・


それを聞いた私は思わず笑ってしまった。
なんか単純におかしかった。

いいね〜。いきなりかいっ!
大丈夫だよ、お冷も一緒に頼んで
ゆっくり飲めば酔いにくいから。笑


すると彼女は、

あっ、そうですね!それなら大丈夫そう。
ひでさんって、やっぱり大人ですねー。
そういう機転を利かせてくれる人って
なかなかいませんよぉ。


ハイボールと日本酒で乾杯しサシ飲み開始。
私も彼女も風俗の話題を一切することなく、
会話を楽しんでいた。
私は彼女がどこに住んでいるのかや、
彼女の本名や年齢など全く気にしなかった。

そんなことはデートを重ねられるなら、
自然と後からついてくる情報だと思ったし、
ほぼ初対面の男に根掘り葉掘り聞かれたら
彼女でなくともいい気分はしないだろう。
誰も得しない会話をするくらいなら、
彼女の趣味や好きな食べ物や音楽など、
次回のデートの参考になるような会話をすべきだと思ったから。

飲み始めて一時間半が過ぎた。
私は彼女と横並びに座りたかったのもあり、
二軒目に誘った。支払いを済ませ店を出た。
手を繋いで歩いていると、

ひでさん・・私、今日はこれで帰るね。

えっ?まだ帰るには時間がまだ少し早いような。
ごめん、なんか失礼なこと言っちゃったかな?


ううん、違うの。ごめんなさい。。

先程まで楽しそうにしていた彼女の表情が
どことなく曇っているのがわかった。

俺はまだミサちゃんと一緒にいたいなぁ。

うーん・・どうしよう。

私の言葉に少し困った様子の彼女。
楽しい空気が徐々に消えてゆく感じ・・
その理由を知る由もなかった私は、

とりあえず、ゆっくり歩いて夜景を見ようよ。
10分だけでいいから。


今度は私の言葉に黙って頷く彼女。
そして彼女の口数が一気に減った。
二人で歩きながらも私の脳内はフル回転。
内心、ホテルで過ごす展開を期待していたが、
そんな私の下心はいつしか消えていた。

ミサちゃんの事情を俺は知らない。
ミサちゃんも俺の事情を知らない。
そんな二人が楽しく過ごせるなんて
不思議だね。なんでだろう。
ちょっとそこらの人に聞いてみよっか?


すると彼女はじわじわと笑い始めた。

ひでさん、ちょっと!・・面白い、ふふっ。
ひでさんてやっぱり優しいですね。


私が理由を聞かなかったからだろう。
彼女は私を優しいと感じたようだ。

優しくないよ。俺なんかめちゃくちゃ呼吸して
酸素無駄使いしてるから。地球に厳しいよ!


彼女は笑いながら私に寄りかかってきた。
そろそろ時間だ。二人、駅へ向かう。
駅が見えてくる。

ひでさん、やっぱりまだ一緒に居てもいいですか?

私は少し驚きながらも、

うん。まだ一緒にいようよ。

わがまま言って、ごめんなさい・・

じゃあ、ちょっと場所変えてもいいかな?

タクシーを拾い二人で某所に向かった。
車内で彼女は私の肩にもたれかかる。
すると、微かに彼女の寝息が聞こえてきた。
その無防備な寝顔を見た私は、運転手に告げた。

すいません、やっぱり◯◯へお願いします。

私はタクシーを自宅に向けたのである。

−続く−


ポチっとしていただけると助かります。








帰宅途中の車内で私は想像を膨らませていた。
いや、デートを実現すべき戦略を考えていた。
自宅に到着し、時刻を確認すると22時半。
ミサちゃんの上がり時刻は24時。

“まだ、彼女は仕事中か・・”

とりあえず、LINEを送ってみることにした。

『週末、会えるのを楽しみにしています。』

彼女からの返信をほぼ期待していなかったが、
驚くことに10分ほどで返信がきた。

“ん?接客中じゃ?”

『今日はありがとうございました。
今日は体調が良くなくて。
なんとか早く上がらせてもらいました。』


『えっ、体調悪かったのか(汗』

そんな感じでLINEのやりとりが始まった。

『ひでさんは、もう自宅ですか?
私は今、電車で帰宅中です。』


ミサちゃんの実況中継のようなLINE。
しばらく、やりとりが続いているうちに、
彼女は自宅についたようだった。

単純な言い方をすると、女性は男性よりも忙しい。
メイクを落としたり風呂上りに髪を乾かしたりと、
家に戻ってすぐリラックスできるわけではない。

『お風呂入って寝ますね。』

『ゆっくり休んでね。』

割とあっさりと、やりとりを終えたのだが、
ここまでの展開をどう捉えたらいいのか、
私は少々、混乱していた。

“こんなにスムーズな展開でいいのか?”

私は、ひとつの勝負に出ることにした。

『ミサちゃん。わがままなのは重々承知だけど、
もし大丈夫なら電話で少し話せないかな?』


もしかしたら・・
彼女に彼氏か夫がいるかもしれない。
LINEは帰宅するまでの暇つぶしかもしれない。
そんなことも脳裏を横切りはしたが、
そんな無茶ブリLINEを送ってみた。
ホテルでプレーした時はなんともなかったのに、
なぜかこのLINEを送る時の方が緊張した。笑

送信してから30分。彼女から返信はない。

やはり、さすがに無理か。。

攻めのLINEを送ったことをかなり後悔した。
そして部屋の明かりを消して就寝。
すると、LINEの着信音が鳴った。

『ごめんなさい!ひでさんまだ起きてますか?』

『うん、まだ起きてた。ミサちゃんは大丈夫?』

そして、LINE通話に成功。

あっ、ごめんなさい、深夜に。

話したいとお願いしたのは俺だから。
無理言ってごめんね。


いえ、声聞けてうれしいです。

そんな感じで会話が始まった。
どんなことを話したのかは忘れてしまった。
何を話したのか思い出せないということは
くだらない世間話だったのだろうと思うが。
深夜ということもあり会話は短め。
10分ほどの会話だったと思う。

じゃ、今週末を楽しみにしてるね。おやすみなさい。

私も楽しみにしてますね。
ひでさん、おやすみなさい。


そんな感じで通話を終えたと思う。
翌日以降、ミサちゃんと日に何度かLINE。
内容は他愛もないものだった。

“今日もお互い頑張ろ!”

とか、ほんとに他愛もないやりとり。
デート当日を迎えるまでは、やはり、
期待とドタキャンの不安が混じりあう。
ミサちゃんからLINEがくるたびに、

“断りのLINEか?・・
あぁ、なんだ良かったぁ。”


と一喜一憂した数日間。そして、デート当日。
待ち合わせは都内某所の駅前に19時。
15分前に到着。私は緊張に包まれていた。
恋愛的なドキドキではない。
ドタキャンされないかという不安に襲われていた。
そこらを歩いてる女性が全てミサちゃんに見えた。
そして、待ち合わせの19時を迎えた。

ひでさん、お待たせしてすいません!

彼女が近づいてきたことに気付かなかった私。

おっ、おう!おつかれさま!

突如、目の前に現れたミサちゃんに動揺した。

えっ、めちゃくちゃ素敵!色っぽいなぁ〜。
俺、普通の格好で来ちゃってゴメンね。汗


彼女はタイトワンピにコートを羽織り、
足元はヒールでキメていた。

“俺とミサちゃんのギャップありすぎだろ!”

思わず自分にツッコミを入れた。
周囲を見渡すと、この不釣り合いな二人を
不可思議そうに興味津々に見ている人もいた。
そんな視線を浴びたのは、
黒木メイサに似ていた風俗嬢Dちゃん以来のこと。
(気になる方はブログカテゴリーを参照下さい。)

ミサちゃんが来てくれたことで私の不安は消えた。

来てくれてありがとう。
呑みながらゆっくり話そうね。


緊張しますね。なんか変な汗かいてる私・・

少しぎこちない笑顔を浮かべるミサちゃん。
飲食店に向けて歩き始める。
すると彼女が私の腕を軽くツンツンとしてきた。
不思議そうに彼女を見つめる私。
すると彼女は恥ずかしそうに私のヒジのあたりを
掴んできた。

腕組んでもいいですか?

“ヤバッ・・かわいい。”

私は黙って頷き、彼女と店に向かった。

−続く−


ポチっとしていただけると助かります。









ソファーに座ったまま彼女の肩を抱き寄せ、
彼女の首筋に顔をうずめるように密着してみた。

あっ・・

桃色吐息。今更ながら声のかわいさに気付く。

ミサちゃん、そろそろ、シャワー行こうか?

黙って頷く彼女。不思議だが、この段階になっても
私はほとんど興奮していなかった。
彼女は恥ずかしそうに背を向けながら服を脱いだ。
透き通るような白い背中。

“セクシーなボディーラインだなぁ”

ようやく、少し興奮してきた。
そしてバスルームへ。
ボディーソープで洗ってもらっているうちに
さすがに興奮は増してくる。

んっ、ハァハぁ、すごく固くなってますね・・
あぁ、すごい固い・・


私の前にしゃがみこむとフェラが始まった。
ソフトな舌使いで丁寧に愛撫してくれた。
彼女を立たせて背後から素股で攻めた。
そして、そのまま合体した。

“あっ、あっ、”

ミサちゃんの腰はビクビクと跳ね続けている。
くびれた腰、ヒップラインが美しい。
プレーの流れをキープしたまま、
互いに体を拭き合いながらベッドへ。
しばらくして、私は果てた。
時間を確認するとまだ結構な余裕があった。

再度、シャワーを浴びてベッドに寝転んだ。

私もいいですか?

“今更そんなことを確認する?“

可笑しくて思わず吹き出してしまった
彼女はキョトンとしたまま私にくっついてきた。
目が合うと恥ずかしそうに俯いた。

わりと、プレー後は素が垣間見える嬢は多いが、
ミサちゃんは前後で何も変わらなかった。

“雰囲気作るの上手いなぁ〜”

私は彼女を新人だとは思えなかった。
つまり、結構な風俗経験のある子だと思った。
しかし、それにしては肌のしっとりさが・・

“未経験?経験者?どっちなんだ?”

ひでさん、この後のご予定は?

ミサちゃんの口調は相変わらず丁寧だ。

車でドライブ途中だけど、
今日はこれで帰ろうかな。笑


いいですね〜、夜の街。

地元戻ったら居酒屋でチョイ飲み。笑

それから、お酒やグルメの話題へ。
そして、ある飲食店の話をすると、

いいですね〜、大人ですねっ。

彼女も少しは私に気を許したのか、
少しフレンドリーな口調に変化してきた。
私はダメ元でこう言った。

ミサちゃん連れてってあげたいけど、
こんなオッサンじゃ・・ねえ。笑
店の場所、教えるから彼氏と行ってきなよ。笑
今スマホでチェックする?


すると彼女はベッドから起き上がり、
バッグからスマホを取り出した。
そして再び、私の隣に寝転がった。

あの・・あっ、どうしよう・・
あっ、ごめんなさい・・


ん?店の名前は〇〇だよ。忘れちゃった?

彼女は首を軽く左右に振った。
私は軽い冗談のような言い方で、

俺と一緒に行ってくれるの!?
それは嬉しいなぁ〜!じゃ、行こっか。


と、少しおどけてみせた。

え〜嬉しいです!
誘っていただいて・・いいんですか?


“はっ? えっ? マジで?”

と内心、動揺してしまった。
しかし、私もいくらブサイクとはいえ、
アタフタしてしまう年齢でもないし、
そこまで女性が苦手なワケでもない。
とりあえず、この流れを壊さないようにした。

ミサちゃんがいいなら俺は嬉しいよ。
なんかホッコリと呑めそうだから
楽しみにしちゃおっ。笑


ホッコリ・・いいですね。楽しみです。

そして私のモットーでもある、

『鉄は熱いうちに打て!』

を実行した。

ミサちゃん、都合どうかな?
俺の希望は今週末かな。まあ、いつも暇だけど。笑
なるべく時間空けずに会う方がいいかなと思って。


“さあ、どう断ってくるか・・”

今週末、大丈夫ですよ。あの・・
迷惑でなければLINE・・交換いいですか?


“後日、キャンセルパターンか?”

そんなことが頭をよぎったが気にしない。
ごく普通に、

全然いいよ。こちらこそよろしくね。

と言ってLINEを交換しあった。
それから少ししてホテルを出て、
ミサちゃんと別れた。

“ん〜、ホントに来てくれるのかなぁ。
もし来てくれたなら、ビッグサプライズだなぁ。
まあ・・・ないな。・・うん・・ない。“


自身の過去の経験と比較し予想したりした。
そして車に乗り込み家路についた。

−続く−

☆お気に入りの嬢におすすめの逸品

ネイルクレンジングクルッティ
[おすすめポイント]
マニキュアを浮かせて落とします。
新感覚のネイルクレンジング!
マニキュアの成分だけを落とすので、
爪に負担をかけず使うたびに『艶爪』へ!
除光液の特有なあのニオイが苦手な女性に。
使い方は簡単。
指を入れてクルクルと回すだけ。
お手入れが時短されるので人気商品です。



ポチっとしていただけると助かります。








ホテルの一室で彼女が現れるのを待つ。
間もなく、黒髪、色白の彼女が現れるというのに、
ワクワクもドキドキの興奮もない。

“あぁ、こんなテンションなら、
風俗に来るべきではなかったか・・ “


少し後悔しているくらいだった。
ホテルは決して綺麗と言えるレベルではなかった。
私は窓を開けた。冷えた空気が流れ込んでくる。
意味もなく、少し外の景色を眺めていると、
ドアをノックする音が聞こえた。
窓を閉めて慌てることもなくドアの前へ。
そして、ドアを開けた。

あっ、えっと、初めまして、ミサです・・

どうも、こちらこそ初めまして。ひでです。
まぁ、どうぞ。


彼女はコートを羽織っていた。
コートの下にはボディーラインが強調された
丸首タイプの膝丈ワンピースを着ていた。
エロさを強調しすぎない清楚な大人、
という感じのファッションだった。
トータルコーディネートが完璧だった。

“ん?この子が新人?? ホントか?
恵比寿をピンヒールで歩いてそうだ“


清楚な美人、それが彼女の第一印象だった。
コートをハンガーにかけてあげると、

あっ、お気遣いいただきすいません、
ありがとうございます。


そう言うと私に綺麗に、お辞儀をした。

“ん?なんだ?この礼儀正しさは?“

“新人と言えど、かなりの経験者か!?“

“いや、それにしてはあまりにも品が良すぎる・・“

とりあえず少し落ち着こうか。

と言って二人でソファーに座った。
それにしても肌が白く美しい。
芸能人でいうと小松菜奈や白石麻衣かそれ以上。






“えっ・・なんでこんな店にいるんだ?”

そんな疑問ばかりがどんどん膨らんでしまった。
珍しく、120分にしていたこともあり、
最初の20分を会話に費やすことに決めた。
しかし、話せば話すほど礼儀正しく、
彼女の作法の美しさが際立つばかりだった。

“この子は高級ホステスの経験アリか?
いや・・そういう感じでもないな・・。
大企業の秘書か?百貨店の案内嬢か?”


さっきから思っているんだけど、
すごく上品で、とても素敵だね。


ひでさんこそ、大人の色気が素敵ですよ。

“上手いなぁ〜ミサちゃん。
接客を隙なくこなしているなぁ・・”


私は彼女の素の部分を少しでも知りたいと思った。
こんな時に有効なトークテーマは“お酒”だろう。
すると私が聞くよりも先に、

ひでさんは、お酒はお飲みになりますか?

と聞いてきた。

“そんな丁寧な聞き方してこなくても・・”

今まで多くの風俗嬢と遊んできた私だが、
あまりに上品すぎる彼女に動揺した。
連絡先を交換したいとは思わなかった。
私のような平凡なサラリーマンでは、
どうにもならないほど美人だった。
私とは、別世界に住む女性のように思えた。

“素直にサービスを受けて帰ろう”

あっ、お酒?まあ多少は飲むよ。
お気に入りの居酒屋が地元にあってね。
あっ、この近くにも渋い居酒屋があったなぁ


え〜!行ってみたいです。
ひでさんとご一緒させていただいたら
大人の呑み方を教えていただけそうですね。“


“聞き上手で受け答え上手だなぁ・・”

いやいや、ただのオッサン呑みだよ。笑

そして、ミサちゃんの手にそっと触れてみた。

あぁっ、んん・・恥ずかしい

手に触れただけで彼女は声を漏らした。

−続く−


風俗嬢の口説き方、教えてください



ポチっとしていただけると助かります。







私は40代の冴えない独身男。
どのくらい冴えないかを分かりやすく言うならば、

学生時代、一度も女性と付き合ったことがない

と説明するのがシンプルかと思う。
初めて彼女ができたのは23歳の時。
持田香織に似た、年下の彼女。
ELTがまだまだ人気だった頃もあってか、
周囲からは美女とブサイクと言われた。笑
まあ後々、私が原因で破局するのだが・・。

それ以降、普通の女性と付き合えそうな展開も
あるにはあったが、別れたショックのせいか、
告白するまでには至らなかったし、
積極的にもなれなかった。
歳を重ねるにつれ、両親含め周囲からは
“結婚しないの?”
そんな話ばかりをされるようになる。
40際を過ぎても延々と言われ続ける。
それも独身でいる私のせいだから仕方ない。
両親に申し訳ない気持ちは大きいが、
結婚どころか、付き合う相手すらいないのだ。
こればかりはどうにもならない。

そして、或る日の夜のこと。
一人暮らしの家に居るのが窮屈に感じ、
行き先のないドライブへ。
走り出して一時間ほど経つと人恋しさに包まれた。
時刻は22時。

“久しぶりに風俗行っちゃうか。”

道端に車を停め、風俗店に電話。
すると店員が入店して間もない新人を薦めてきた。

今、ほんとに空いたところでチャンスですよ!

そして、店員にひとつだけ質問した。

雰囲気は?おっとりしている感じ?

すると、

そうです。色白な子ですよ。

私は店員のその言葉だけ聞くと、
彼女の写真も確認しないまま予約を入れた。
癒してくれそうな嬢なら誰でもよかった。
電話を切り、時間貸し駐車場に車を停めた。
店から少し離れた駐車場に車を停め歩く。
5分ほど歩いて店に到着。写真を確認する。

“ おっ、確かに肌の白い子だな。黒髪か。”

そして、彼女が着ている服の様子から、

“大人びているな。上品な感じ。”

プロフィールの記載は見なかった。
何故か、どうでも良かったのだ。
店員に料金を支払うと私はそそくさと、
近隣のホテル街へ向かった。
−続く−





ポチっとしていただけると助かります。







訪問者数
みなさん、ありがとう( ´∀`)
検索フォーム
RSSリンクの表示
全記事表示リンク
カテゴリ
【月額540円】DMM見放題chライトでアダルトもグラビアも (2)
1.読者の皆様へ (4)
2.風俗嬢と仲良くなるには? (4)
3.風俗嬢と仲良くなるコツ (24)
4.風俗店の料金 指名料とは? (2)
5.風俗嬢とLINEを交換したい (1)
6.嬢といつLINE交換する? (1)
7.嬢と初回でLINE交換の理由 (1)
8.嬢とLINE交換の目的を明確に (1)
9.風俗嬢の態度から性格を推察 (3)
10. 風俗嬢とLINEする (1)
11.風俗嬢にプレゼントする (2)
12.風俗嬢と店外デート (6)
13.風俗嬢の好意? (1)
自分の事 (26)
風俗嬢さんへ (5)
こんな嬢は嫌だ! (3)
こんな風俗店は危険だ (2)
こんな客は嫌だ! (2)
Xmasに風俗 (5)
バレンタイン (6)
風俗嬢と花見。おすすめグッズ (1)
メール編 (7)
これってどうなの? (10)
天蓋編 (2)
私の体験談(単発) (21)
こぼれ話 (14)
風俗嬢さんからの質問 (2)
風俗 お悩み相談 (256)
もしも、この子が風俗嬢なら? (4)
風俗嬢Aちゃん (4)
風俗嬢Bちゃん (13)
風俗嬢Cちゃん (21)
風俗嬢Dちゃん (9)
風俗嬢Eちゃん (6)
風俗嬢 Fちゃん (1)
風俗嬢Gちゃん (5)
風俗嬢Hちゃん (9)
風俗嬢Iちゃん (3)
ランパブ嬢Aちゃん (4)
風俗関係ニュース (3)
風俗好きな芸能人 (1)
出会い系の体験談 (2)
性病で通院した体験 (1)
勃ちが鈍い時は、男の精力剤 (1)
風俗嬢との怖い話 (1)
ネイル好きな風俗嬢 (1)
月額540円で見放題!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風俗
33位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
当ブログの人気記事ランキング
プロフィール

ひで

Author:ひで
名前:ひで(もちろん仮名)
年齢:40代
職業:普通のリーマン

風俗嬢と客。
様々な人間模様がある。

リンク
リンク元ランキング
Amazon
★Amazon公式 各特集サイト
頭皮の臭いのケアも大切
おすすめ本
言葉選びは大切
楽天市場
プレゼントするなら
Amazon月額動画
Amazon 月額書籍